乗車無料、メリケンパークなどで時速5kmの自動走行モビリティ『iino(イイノ)』の実証実験を実施するみたい

メリケンパーク&中突堤周辺エリアで、時速5kmの自動走行モビリティ「iino」(イイノ)による実証実験が行われます。

本実証実験は、神戸ウォーターフロントの回遊性の向上と賑わい創出に取り組むもので、今回で2回目。事業性の観点も交え、モビリティサービスとしての実現にかかる検証を行うそうです。

運賃ゼロのモビリティサービスとは

これまで鉄道やバス、タクシーなど多くのモビリティは運賃を払って目的地まで直線的に移動するというのが基本的な考え方でした。ただ、大型商業施設や公園では目的となるポイントが複数存在することやそもそも目的なく自由に移動できるほうがその場所を楽しめることが多いと考えています。

さらに、近年、神戸ウォーターフロントに限らず多くの施設で大型の面開発が行われるため、1施設内においても徒歩のみで移動するには遠いと感じている利用者が増えています。

そこで誰もが運賃を気にせず自由に好きな時に乗って好きな時に降りることができるようなモビリティこそがその場所の体験価値を向上させるものと考えています。

一方、運賃をゼロにすると事業者側の負担が大きくなり、導入コストが課題のひとつとなります。

iinoを用いたサービスでは、モビリティ走行によって人の流れを作り出し、走行ルート上での物販や時間限定でのクルージングコンテンツなどを実施することで新たな収益を生み出すことで、事業者側のランニングコスト負担を軽減させ、運賃ゼロモデルの確立を目指しています。

実証実験の内容

①ふ頭用地でのモビリティ走行による回遊性向上効果の検証
点在する観光エリアを繋ぎつつも、iinoに好きな時に乗って好きな時に降りられることで回遊性の向上を促します。また、実証期間中はカメラや3D Lidarなどのセンサーにより人流データを収集・分析を行います。将来的には時間帯によって変化する人の流れに合わせて、最適な台数で最適なルートを走行することを目指しています。

②走行ルート上での軽飲食の販売による収益性検証
・屋台機能を兼ね備えたモビリティの発着拠点(モビリティスポット)を設置し、神戸発のクラフトビールやホットドッグなどを販売します。
・回遊するポップコーンマシンが海沿いのエリアを自動走行し、無人調理&販売を行います。
※実験時は安全確保のため近接監視スタッフを配置します。

③夜景が美しい海岸沿いのモビリティナイトクルーズの需要性調査
普段は足を運ぶことが少ないエリアをうまく活用し、ナイトクルーズ限定ルートとして神戸港の美しい夜景を楽しみながら走行します。

期間
2022年
11月17日(木)10:00〜18:00
11月18日(金)12:00〜20:00
11月19日(土)12:00〜20:00
11月20日(日)10:00〜18:00

場所
メリケンパーク&中突堤周辺エリア

モビリティの利用料金
無料(各種物販:有料)

走行モビリティ
iino type-S

iino type-S

時速5キロの人が歩くスピードで自動走行するモビリティ。高い安全性を備え、街の歩行者エリアを走行します。人が近づいたり床面のセンサーを踏んだりすると、減速しどこでも自由に乗り降りできます。シンプルなデザインで、人の送迎や物の輸送など多様な用途に対応可能です。

【名称】iino type-S
【サイズ】2,935mm(全長)×1,300mm(全幅)×790mm(全高)
【最高速度】5km/h

自由に乗り降りができますので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
iino 時速5kmで自動走行するモビリティサービス – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。