神戸の『テイクアウト可能な自然派ランチ』くらべてみました

ライター:このみ

街中に溢れているいろんなものKOBE Journal編集部が食べて・使って比較してみる企画です。

初回は『テイクアウト弁当』に注目!

「本格イタリアンのおしゃれなオードブルセット」や「割烹料理店の高級弁当」など、テイクアウトメニューが充実し、“新たな楽しみ”となっています。

なかなか家では作れないもの や 普段は入ることのできないお店の料理も気軽に手に入るのが魅力的ですよね。

このみ
今回は身体に優しいおばんざい系のお弁当を食べ比べしてみました!結構お店ごとの個性が光っていて面白かったです。
ユカコ
ご紹介したいお店はたくさんあったのですが、神戸市中央区に限定し3つのお店からご紹介します!

今回お弁当のテイクアウトをしてみたお店
【元町】あおい屋
【西元町】やさい食堂 堀江座
【北野】FARM STAND(ファーム・スタンド)

【味・量・コスパ・アクセス・梱包】の5つのポイントでレビューしていきたいと思います!

あおい屋

ランチタイムに定食屋さんをしながら、お弁当の販売も行っている『あおい屋』

通常はイートインが可能ですが、現在は緊急事態宣言中ということで「テイクアウト」のみ営業しています。(1月下旬撮影時点)


神戸市中央区元町通4-2-25

お弁当は2種類!

「気まぐれ弁当」600円(税込)と「あおい定食弁当」1,100円(税込)です。

2種類の違いはおかずの種類と量で、メニューは基本的には日替わりになっているようです。

箸・おしぼりの他、紙袋も一緒につけてくれるので手ぶらでOK!

箱や袋に入っているお店のロゴも可愛らしいですね。

「気まぐれ弁当」の中はこんな感じ。

玄米おにぎりが2つ&おかずが4種類ほど入っています。

卵焼きはほんのり甘め。さばの味噌煮はこの一切れでご飯山盛りいけそうなほど箸の進む味付け。

あおい屋さんの最大の特徴は、この寝かせ玄米を使ったおにぎり。

ごはんを炊いてから数日熟成させることで、写真からも伝わるもちもち食感になるんだとか。

全体の量はやや少なめなので、男性なら「あおい定食弁当」くらいがちょうどいいかもしれません。 

このみ
玄米は免疫力アップにも良いので積極的に食べたいけれど、殻が口に残って食べにくい印象がありました。こんな玄米だったら毎日でも食べたい!
ユカコ
寝かせ玄米はなかなか家ではできないので、ランチで手軽に取れるのは嬉しい!手間がかかっているのに600円というのも良心的!

あおい屋
【住所】神戸市中央区元町通4-2-25 浜口マンション1階
【電話番号】078-371-7666
【営業時間】7:30~14:30
【定休日】水曜日(不定休)・日祝
【リンク】Instagram / Facebook / 食べログ

やさい食堂 堀江座

続いては、発酵食品・カレーをメインに、酒類なども取り扱う『やさい食堂 堀江座』。現在は、緊急事態宣言を受けて時短営業をされているようです。(2月上旬撮影時点)


神戸市中央区元町通6-3-3

お弁当は「発酵しませんか弁当」1,000円(税込)1種類のみ!

独特なネーミングセンスに興味をそそられます。

メニューは基本的に同じで、たまに中の野菜が変更になるそうです。

お弁当のほか、カレーのテイクアウトもOK!お値段は800円から(ルーのみは600円から)で、4種類から選ぶことが出来ます。

…このホスピタリティ、癒されますね。

電話で予約した時も親切な対応が印象的でしたが、スマイルみかんのおまけに心までほっこり。

箸・おしぼりと袋もついているので手ぶらでOK!

中はこんな感じ。ごはん・おかず類は特に仕切られることなく「キムチ納豆」も含めギュギュっと詰まっています。

ちなみに匂いは意外と気になりませんが、納豆の好き嫌いがすべてを左右するかと思います。

蒸し野菜にも「醤油こうじ」が添えてあったり、「発酵食品同士」だからなのか、一緒に食べても成立するのかという新発見の美味しさ。

予想を裏切ってきたのが味噌汁

味噌の優しい味わいと一緒に、なんだかお花のような華やかな甘い香り・うま味がするんです。

甘みの秘密は、野菜を「重ね煮」して取った出汁と、生味噌

聞きなじみのない名前ですが、要するに『野菜や豆本来のうま味を引き出す製法』にもこだわっているということのようです。

このみ
弁当で1000円は少しお高めかと思いましたが、量・こだわり・おもてなしなど満足度が高くて納得!
ユカコ
ボリュームがあるのにヘルシーなのもいいですね!調味料も販売していたので今度買いに行ってみようかな。

やさい食堂 堀江座
【住所】神戸市中央区元町通6-3-3
【電話番号】080-7041-5711
【営業時間】12:00~16:00/17:30~20:30
【定休日】日曜日
【リンク】公式サイト / Instagram / Facebook / 食べログ

FARM STAND

最後は、各線三宮駅から12分ほど北野方面へのぼったところにある野菜が売りのカフェ。

『ファーム・スタンド』は農家さんから直接仕入れている新鮮な野菜も販売しています。


神戸市中央区山本通1-7-15

お弁当は918円(税込)の1種類のみでメニューは日替わりみたい。

店内で提供している「ランチメニュー」のおかずだけを詰め込んだBOXとのことです。

エコにも配慮しているお店なので、箸は希望制で、持ち帰りの袋・おしぼりは持参になります。

中はこんな感じ。

撮影の日は124年ぶりと言われる2月2日節分の日だったので、恵方巻・福豆が入っています。

通常はおかずのみでご飯は入っていませんので、ご飯が欲しい場合は、別途おにぎりを購入する かたちになります。

こちらは、恐竜ケールとも呼ばれている『カーボロネロ』のかきあげ。

なかなか普通のスーパーでは手に入らない珍しい野菜が入っているのも、野菜の販売をしているカフェならではですね。

女性にはちょうどいい、手のひらサイズのランチBOX。

男性だと、大きなおにぎり2つくらい追加した方がよいかも!?

このみ
野菜中心なのでカロリーを気にされる方にはぴったりかも。過剰包装していないエコへの配慮も私は好きです。
ユカコ
ご飯は家から持っていくから、おかずだけ買いたいという人も多いのでおかず売りは結構嬉しいかも♪あとお惣菜単品売りなんかもありましたよ。

FARMSTAND(ファーム・スタンド)
【住所】神戸市中央区山本通1-7-15 KITANOMAD1階
【電話番号】080-2570-8194
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】-
【リンク】公式サイト / Instagram / Facebook / 食べログ

結論!!
神戸ジャーナル編集部セレクトの第1位は【野菜食堂 堀江座】のテイクアウト弁当です。
評価ポイントは納豆を弁当に入れるという斬新な発想が取り入れたお弁当なのに、他のおかずとうまくバランスが取れていたこと。あとはやっぱりお味噌汁の味が忘れられないですね。

玄米、発酵食品、野菜と様々な体に優しい自然派のお弁当をご紹介してみました。

次回はInstagramで募集した際に得票数の高かった『純喫茶のたまごサンド』について特集します。

お楽しみに!!

このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。