「東遊園地」にできる図書館『こども本の森 神戸』への応援イラストが公開されてる。神戸ゆかりの作家によるメッセージも

「東遊園地」にオープンする予定の、子ども向け図書館『こども本の森 神戸』をイメージしたイラスト作品・応援メッセージが、ホームページで公開されてます。

東遊園地にできる『こども本の森 神戸』の建設が始まるみたい。子どもが遊んだり本を読んだりできる広場も。安藤忠雄氏の設計

2020.10.03


神戸市中央区加納町6-4

来年春のオープンに向けて、神戸ゆかりの絵本作家・イラストレーターなど12名による、オリジナルのイラスト作品・応援メッセージが集まっているそうです。

ホームページでは、今年4月から毎月1作品ずつ、イラスト&メッセージを公開。第1弾のスズキコージ氏、第2弾のたなかしん氏、第3弾の小池壮太氏の作品が掲載されてます。


スズキコージ氏

プロフィール
絵本作家。1948年静岡県生まれ。神戸市在住。
絵本や挿画のほか、イラストレーターとしてポスター・壁画・舞台美術などでも活躍。絵本に『あつさのせい?』(福音館書店)や『うみのカラオケ』(クレヨンハウス)ほか多数。『エンソくん きしゃにのる』(福音館書店)で小学館絵画賞、『やまのディスコ』(架空社)で絵本にっぽん賞、『おばけドライブ』(ビリケン出版)で講談社出版文化賞を受賞。画集やエッセイ『てのひらのほくろ村』(架空社)も。




 たなかしん氏

プロフィール
画家、絵本作家。1979年大阪生まれ。明石市在住。
画家として活動する傍ら2002年頃から絵本を描き始め、2005年台湾のGrimm Pressから絵本作家としてデビュー。以降、国内外で出版を重ねている。海外での展覧会、舞台美術、広告、服飾デザイン、キャラクター制作、講演、ワークショップなど幅広く活動中。


小池壮太氏

プロフィール
画家。1977年東京生まれ。京都在住。立命館大学政策科学部卒。
古典的な画風の中に静かなリズム感を描き出した風景画や静物画などを描く。日本橋三越、神戸大丸など全国の百貨店や画廊で個展多数。『やすみのひ』(ブロンズ新社)、『文房具のやすみじかん』(福音館書店)、『おやつトランポリン』(白泉社)などの絵本制作にも従事。

オープンへの期待が膨らみますね。建設中の『こども本の森 神戸』の様子は、こちらの記事からどうぞ↓↓↓

三宮「東遊園地」に建設中の図書館『こども本の森 神戸』の様子を見てきた。完成形が見えてきてる

2021.04.20

◆関連リンク
こども本の森 神戸 – 公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。