「第19回神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」のファイナリストが決定している。神戸からは「前田 要子」さんが出場。グランプリはアメリカでジャズ・ライブ

ライター:カズマ

今年で第19回を迎える「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」の一次審査会が行われ、全国各地から応募のあった119組の中から、本選出場者の11組が決定しています。

一次審査会(予選)は、音源審査(課題曲1曲と自由に選択した1曲の計2曲)で行われました。以下のファイナリスト11組が決定しています。


No.1 大友 玲子(愛知県)


No.2 松本 真子(西宮市)


No.3 Genie(東京都)


No.4 前田 要子(神戸市)


No.5 吉田 真理子(尼崎市)


No.6 Moon Voices(大阪府)


No.7 宇津志 博恵(岩手県)


No.8 中村 敦子(西宮市)


No.9 Ami Latte(東京都)


No.10 宇野 あゆ美(大阪府)


No.11 SaaNa(愛知県)

第19回神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト本選(ファイナル)で優勝したグランプリには、ジャズの本場アメリカ(神戸の姉妹都市・シアトル市のライブハウス‘jazz alley’)でのライブ出演権が与えられるという大会になってますので、ぜひ皆さん頑張ってください!

5月12日(土)に開催される本選は、一般観覧もできますので、気になる人は公式サイトでチェック。

◆関連リンク
第19回 神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長