兵庫県の「重症病床使用率」が3月ぶりにステージ4(感染爆発)指標の「50%」を下回ったそう

ライター:ユカコ

兵庫県の「重症病床使用率」が、6月9日に48.5%となり、ステージ4(感染爆発)指標の「50%」を下回った模様です。

6月9日、兵庫県は、新たに64人の新型コロナウイルスへの感染と4人の死亡を確認したと発表しています。

自治体ごとの新規感染者は、神戸市 19人/尼崎市 10人/明石市 6人/西宮市 3人/姫路市 2人/県所管域 24人。



県内の「重症病床使用率」が50%を切ったのは、今年の3月26日ぶりで、ステージ4(感染爆発)に該当する項目がなくなったのは、第4波以来で初めてとなります。

兵庫県の新規感染者は、直近1ヶ月で減少傾向にあり、5月に入り、受入病床も拡大されている状況です。

神戸市のコロナ受入病床が拡大。20病院291床へ

2021.05.11

◆関連リンク
新型コロナウイルス感染者の発生状況 – 兵庫県

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    重症患者のベッドが空かないと、5月27日に行われるはずだった、弟の腎臓移植手術がいつまでも執刀できません。皆さん、お願いします。

    2021年6月12日3:08 PM 返信する
  • 兵庫県民

    県所管域と、人数を一括せずに、細く、表示してください。どこにいても同じ県民です。1つの市に、24人ですか?それなら、そこが最高に感染してる事になります。田舎は大丈夫と思われるのか、遠くの県からの車をよく見かけます。 

    2021年6月11日5:32 PM 返信する