ぬい撮りスポットたっぷりの『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』フィナーレの神戸会場をぐるっとご紹介!神戸限定コラボメニュー&グッズなど

ライター:ふうか

三宮「神戸サンボーホール」で7月2日(土)~8月8日(月)に開催される『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』の会場を、ひとあし先に見てきました!

サンエックスの人気キャラクター「リラックマ」と「すみっコぐらし」がコラボした展覧会は、関東・九州・北陸など日本全国を巡って、神戸でフィナーレを迎えます。

「見どころをチェックしてから準備万端で行きたい!」という人も、「ちょっと気になってたけど内容はどんな感じ?」という人も、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


神戸市中央区浜辺通5-1-32

Index
・『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』イベント概要
・プロジェクションマッピングではじまる「エントランス」
・ごゆるりの極意を紹介「リラックマパビリオン」
・すみっコたちの日常をちらり「すみっコぐらしパビリオン」
・特別なフェスティバル会場「よつばひろば」
・グッズ&神戸限定コラボメニュー
・まとめ

『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル』イベント概要

『リラックマ&すみっコぐらしフェスティバル(以下:リラすみフェス)』は、4月の所沢会場からスタートした人気キャラクターたちのコラボイベントです。

会場では、それぞれのパビリオンの衣装を着たキャラクターたちがお出迎え。

お気に入りのぬいぐるみを持って行って「ぬい撮り」をしながら、リラックマ&すみっコぐらしの世界を堪能することができます。

今回は、イベント限定グッズ「おでかけぬいぐるみキーホルダー」のリラックマ&コリラックマ、「てのりぬいぐるみ」のしろくま&とかげを連れて、会場内を巡っていきます。

プロジェクションマッピングではじまる「エントランス」

会場に入ると最初に、リラックマとすみっコぐらしの「プロジェクションマッピング」が始まります。

上にいる四つ葉のような形をしたキャラクターは、「サンエックスのようせい」。

「リラックマ」と「すみっコぐらし」それぞれの世界を楽しんだあと、「よつばひろば」で開催される特別なフェスティバルに招待してもらえる、というストーリーです。

ごゆるりの極意を紹介「リラックマパビリオン」

まずは「リラックマパビリオン」からスタート。

まんぷくパビリオン/いたずらパビリオン/すやすやパビリオン の3つで構成されたエリアです。

最初の「まんぷくパビリオン」には、はちみつを幸せそうに食べるリラックマ&キイロイトリがいます。

チャイロイコグマ&コリラックマと一緒に並んで写真が撮れるフォトスポットもありました。

撮影待ちの列ができる可能性が高いので、ひとりで行っても後ろの人に撮ってもらえそうですね。

次の「いたずらパビリオン」には、洗濯された「着ぐるみ」が!

着ぐるみの頭の部分に顔を入れて、リラックマの「中の人」みたいな写真を撮ることができます。

フルーツバスケットとリラックマ&コリラックマをぱしゃり。

夏らしい写真が撮れますよ。

リラックマパビリオンの最後「すやすやパビリオン」では、ベビーピンクを基調とした可愛らしい展示を見ることができます。

牛乳瓶&ボックスが詰まったカートと一緒にぬい撮り。

右のチャイロイコグマ&コリラックマのぬいぐるみは、最初からセットされていました。

すみっコたちの日常をちらり「すみっコぐらしパビリオン」

次は「すみっコぐらしパビリオン」です。おそとのすみっこ/おうちのすみっこ/おかしな?すみっこ の3つのパビリオンで構成されています。

最初のパビリオン「おそとのすみっこ」には、昨年公開された映画でも人気だった「とかげ」のお家がありました。

「すみっコ」たちがぎゅうぎゅうに詰まったこんなフォトスポットも。

サイズは大きいのに「すみっこ感」があるすみっコたちに囲まれて写真を撮ることができます。

「おうちのすみっこ」パビリオンには、ベッドの上にきゅっと集まるすみっコたちが。

壁にはところどころ「すみっコ」サイズのフォトスポットが設置されています。

イベント限定グッズ「てのりぬいぐるみ」はまっすぐ座らせることができるので、撮影もしやすいんじゃないでしょうか。

すみっコぐらしパビリオン最後の「おかしな?すみっこパビリオン」では、アイスクリームやケーキなど「おかし」に扮したすみっコたちの展示が楽しめます。

すみっコたちが苦手な「真ん中」に座って、写真を撮ることができますよ。

特別なフェスティバル会場「よつばひろば」

「リラすみフェス」最後に待っているのは、リラックマ&すみっコぐらしがコラボした会場「よつばひろば」です。

ちょっとおめかししたリラックマ&すみっコたちが、花火や虹を背景にずらりと並んでいます。

こちらもぬい撮り&一緒に撮影がはかどりそうな可愛らしい雰囲気。

このあたりの展示は触れることはできないのでご注意ください。

 

グッズ&神戸限定コラボメニュー

すべてのパビリオンを回り終えたら、グッズコーナーです。

イベント限定グッズ・日本各地にある実店舗「すみっコぐらし堂」限定グッズなど、ありとあらゆるリラックマ&すみっコぐらしのグッズが揃っています。

こちらの「アクリルチャーム」と「タオル」の2つは、リラすみフェスのなかでも「神戸会場」限定のグッズ。

ついつい集めたくなってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

別フロア「お楽しみエリア」では、神戸限定の「コラボメニュー」や「ワークショップ」を楽しむことができます。

神戸会場でコラボしているのは、りんごスイーツ「あら、りんご。」とわらび餅専門店「門藤」の2店舗。

それぞれ3種類ほどコラボメニューが提供されていて、今回のコラボのために開発されたメニューもあるそうです。

「門藤」のわらび餅ドリンク「ワラビータ」では、コリラックマ&しろくまの色味に合わせて「いちごラテ」をチョイス。

基本はテイクアウトとなっていますが、エリア内にはスタンドテーブルが設置されているので、そこで「ぬい撮り」をすることもできます。

「あら、りんご。」では、リラックマ&とかげの色味に合わせてりんごジェラートの「王林」をチョイス。

ランダムで、リラックマの絵柄がプリントされたクッキー&すみっコぐらしのマグネットがついてきます。

同じフロアでは、「ビニペタ」と「オリジナルタオル」のワークショップも実施されるそうです。

自分で好きな色を塗ったり、図柄を切って好きなように配置したりなど、小さなお子さんでも十分に楽しめますよ。

まとめ

「リラックマ」と「すみっコぐらし」という、サンエックスの人気キャラクターがコラボしたイベント「リラすみフェス」。

会場内はどこも写真が撮りたくなってしまう展示になっていて、「ぬい撮り」スポットも盛りだくさんです。

「リラすみフェス」のフィナーレとだけあって、遠方から訪れる人も結構いるかもしれません。

ここでしか買えない「限定ぬいぐるみ」もあるみたいなので、リラックマ&すみっコぐらしファンはチェックしてみてくださいね。

期間
2022年7月2日(土)~8月8日(月)

時間
10:00~17:00(金曜日のみ19:00まで/最終入場は閉場30分前)

会場
神戸サンボーホール 1階 大展示場

料金(当日券)
おとな 1500円/こども 800円

◆関連リンク
リラックマ&すみっコぐらし フェスティバル(リラすみフェス) – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。