神戸市が『ワクチンパスポート』の交付受付を7月26日から開始。申請受理から10日ほどで発行される模様

ライター:カズマ

全国的に発行が進められる「ワクチンパスポート(新型コロナウイルス感染症予防接種証明書)」について、神戸市が7月26日から交付申請受付を開始すると発表しました。無料で発行できます。

フランスがワクチン義務化を決定するなど、世界各国では、ワクチン接種の証明や陰性証明を求められる場面が増える事が予想されています。

日本で発行される「ワクチンパスポート」は、現時点で海外7カ国(イタリア/オーストリア/トルコ/ブルガリア/ポーランド/韓国/エストニア)での使用ができるそうで、一定の制限が免除されることになりそうです。



交付申請 受付開始日
2021年7月26日(月)

対象となる方
・神戸市が発行した接種券を用いて新型コロナワクチン接種を受けた方であって、海外渡航のために当証明書を必要とされる方。
・各国への入国時に防疫措置の緩和等のため、証明書の提示を求められた場合に提示することを想定しています。

交付申請
(1)交付申請の方法
インターネットのスマート申請から受け付けます。PC・スマートフォンからスマート申請サイト(e-KOBE:神戸市スマート申請システム)にアクセスしていただき、申請フォームに入力していただきます。
(2)交付申請に必要な書類
以下の書類をスマート申請サイトの案内に従い、画像データとして提出していただきます。
〇旅券
〇接種券(「診察したが接種できない場合」の「券番号」が記載されている部分が必要)
※紛失するなど、提出できない場合は、マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票)、もしくは住所が記載された本人確認書類(運転免許証・健康保険証等の写し)を提出してください。
〇接種済証又は接種記録書
※提出がない場合、交付まで最大で2箇月から3箇月程度かかることがあります。

問い合わせ
新型コロナワクチンコールセンター(TEL 078-277-3320)

交付は、申請受理から10日程度となっており、窓口対応せず、郵送のみとなっています。

基本的には海外渡航目的での発行という事で、国内での活用は慎重に議論されているそうです。今後、国内での活用も進んでいくのかが気になるところです。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ヤマケイ

    他県では窓口を設けて当日申請当日発行と言っているのに神戸はネットだけとはどう言うことですか。申請者は全員ネットが出きるとは限りませんよ。しみん全体も考えてもっと全員に気配りする様にして欲しい。

    2021年7月26日12:26 PM 返信する