スマスイで企画展『川へ遊びに行こう~飼育員が教える川遊びの極意~』が始まってる。飼育員が採集した「川の生きもの」も展示。8月29日まで

ライター:ゆう

須磨海浜水族園で、「川遊び」や「川の生きもの」について知れる、期間限定の企画展が始まっています。

川へ遊びに行こう ~飼育員が教える川遊びの極意~

2021年8月29日(日)まで
須磨海浜水族園 本館2階


神戸市須磨区若宮町1-3-5

身近な場所にある「川」にスポットをあてて、飼育員が採集した「川の生きもの」を見れたり、川遊びの準備や生きものの採り方などを学べたりする企画展です。

川には魚だけでなく、カニ・エビ・水生昆虫などのさまざまな生きものが暮らしています。



今回展示されるのは、約5種類の生きもの30点の予定です。

採集した「カワヨシノボリ」

採集した「オイカワ」

採集した「テナガエビ」

川遊びの準備や生きものの採り方などを飼育員の人たちから教えてもらえるので、夏休みで「川遊び」に行く前に参加するとより楽しめそうですね。

◆関連リンク
須磨海浜水族園 – 公式サイト

ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。