「神戸市」とアニメ「攻殻機動隊」がコラボ。神戸観光とアニメを結ぶ大型プロジェクトが開始されたそうな。

ライター:カズマ

攻殻機動隊-新劇場版
クリックしてウェブサイトへ


「神戸市」と「攻殻機動隊」がコラボして、神戸観光とアニメを結ぶ大型プロジェクトが開始されたそうです。


「攻殻機動隊」は、神戸市中央区出身の漫画家「士郎正宗(しろう まさむね)」さんによって、1989年に原作が発表された後、映画やテレビで数多くのシリーズ作品が公開されてまして、国内のみならず海外でも高く評価されている作品で、近未来の神戸を想起させる架空都市、ニューポートシティが物語の舞台になっています。


20150317040201-02
映画版 「攻殻機動隊 新劇場版」


神戸市は、この近未来の都市を舞台に描かれたSFアクション作品「攻殻機動隊 新劇場版」とテレビ新番組「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE(アライズ オルタナティヴ アーキテクチャ)」とコラボしてPRプロジェクトを開始したんです。


「攻殻機動隊」にとっては映画の宣伝になるし、神戸市にとってはシティープロモーションになるということになりますので、神戸を地元の神戸人だけじゃなくて潜在的な観光客にもアピールするというのが目的ということになります。





劇場版の予告動画


プロジェクトの今後の動きですが、4月以降に順次専用サイト(kobekokaku.jp)で情報発信していくそうで、その中には、アニメゆかりの土地を巡る、いわゆる「聖地巡礼」というツアーも企画されるとのことです。


専用サイト(kobekokaku.jp)は既に立ち上がっていますが、情報がまだ出ていないので、4月以降ということになります。


今後、どういった企画が発表されるかわかりませんが、イメージがつかないので結構ワクワクしますね!


◆関連リンク
神戸市×攻殻機動隊 新劇場版
 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。