神戸市北区の小学生が発見した「動物の骨」。実は『人骨』だった模様。教頭が念のため届け出て判明。

ライター:カズマ

沢
神戸市北区の小学生が発見した「動物の骨」が、実は『人骨』だったそうです。


場所はココのどこか↓↓





神戸北署が発表した内容によりますと。


今年の2月に当時小学6年生だった男児が遊んでいた沢(神戸市北区山田町下谷上)で「動物の骨」を発見しました。男児から「野生動物の骨」として渡された教師が学校に保管していたそうですが、処分することになり、教頭が念のため警察に届け出たそうです。


警察が調べると「動物の骨」ではなく「人の頭蓋骨」だったということで、兵庫県警は発見現場付近の捜索などをしておりますが、今のところ性別は不明。


事件性の有無などについても、捜査しているそうです。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。