兵庫県と神戸市が「新長田」に最大1,000人が勤務する新庁舎を建設するそうな。8~9階建てビルを建設へ。

ライター:カズマ


新長田


兵庫県と神戸市が「新長田」に最大1,000人が勤務する新庁舎を建設するそうです。新長田のダイエーがあるところの隣の敷地です。





場所はココ↓↓








新長田駅周辺の再開発地区は、阪神淡路大震災の影響で、現在も人が戻っておらず、地元のお店などは大変苦労をされています。





そこで、兵庫県と神戸市が再開発地区の活性化対策として、役所関係で働いている人を移す対策をするそうです。2019年度には最大1,000人規模の職員が勤務可能な新庁舎を完成させるとしています。





新庁舎は8~9階建てのビルで、コストは数十億円。そこに1,000人の人が移動すれば、地元の飲食店なんかも結構潤うかもしれません。また、そこに用事なんかで来る人のことを考えるとさらに経済効果が見込めるはずです。






移転する対象は、神戸県民センターやその他の外郭団体から選ばれるそうですが、合わせて行政サービスの見直しなども行うとのことで、今後検討会を立ち上げるとのことです。





カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ハコモノ

    通勤する職員の方々が地下鉄海岸線を利用すること、空き家が多い新長田に引っ越しすることを条件に許可します。
    地下鉄赤字路線対策、半数の500人が引っ越しすれば住人としても町の活性化を図ることができる。

    2015年10月1日11:04 AM 返信する