阪急が『神戸阪急ビル東館』の建替計画を発表。地上29階の複合ビルが2021年に完成するみたい

ライター:カズマ

外観イメージパース

阪急が、『神戸阪急ビル東館』の立替計画をついに発表しました。2021年の竣工を目指しているそうです。

1936年(昭和11年)3月に、神戸阪急ビル東館が建てられました。阪神・淡路大震災後の今の「仮設ビル」になるまでに60年近く建っていました。1995年12月にできた今のカタチはあくまで「仮設ビル」です。

三宮地区再開発の話が最近活発ですが、それに合わせて計画がいよいよ具体的に見えてきました。 

『神戸阪急ビル東館』の全店舗が閉店。高さ100メートル以上の商業ビルの建設が始まる。

2016.02.15
断面図

現在の仮設ビル「駅/商業施設」から、「駅/商業施設/オフィス/ホテル/展望台」になり29階建ての複合ビルになる計画です。ホテルは、阪急阪神が運営する宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入居する予定です。

駅の設備はエスカレーターなど地下鉄との動線が見直され、バリアフリーにも対応、下りエスカレーターも設置されますので乗り換え利便性が向上するんです。

展望台は、神戸を一望できるだけでなくレストランも作られるそうです。三宮エリアのビルでは展望台といえば市役所が有力ですが、また新しく展望・夜景スポットができるので楽しみですね!

デザイン再生

低層部は震災前の『旧神戸阪急ビル東館』がデザイン的に再生されます。

7f709705 (1)

現在建っているのはあくまで「仮設ビル」です。震災後に生まれた人は特に今のビルに親しみを感じていた人もいるようですが、よくよく見てみると仮設ビルという感じが分かります。

完成までは5年ほどがかかります。それまでの駅の利便性については気になるところです。

◆関連リンク
阪急阪神ホールディングス株式会社 – 公式サイト

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長