日本で唯一「ホテルに建つ公式灯台」が1月17日に一般公開。神戸メリケンパークオリエンタルホテル

神戸メリケンパークオリエンタルホテルにある、日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」が、ひょうご安全の日である2023年1月17日(火)に一般公開されます。

「ホテルに建つ公式灯台」一般公開

2023年1月17日(火)15:00~17:00
神戸メリケンパークオリエンタルホテル 館内14階 バルコニー


神戸市中央区波止場町5-6

この灯台は、海上保安庁から正式に認可を受けており、震災後も28年間一日も休むことなく神戸港の安全と平和を今も見守り続けています。

時間内に誰でも見れて、予約不要、参加無料となっています。

現在、神戸メリケンパークオリエンタルホテルにある灯台は、1964年、旧「オリエンタルホテル」が神戸市中央区京町に移転した際  “港町・神戸のシンボルに” と、日本で初めてホテルの屋上に設置されました。

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災で旧「オリエンタルホテル」は被災し、営業停止をやむなくされましたが、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへの継承が決定。

1995年(平成7年)7月7日、神戸メリケンパークオリエンタルホテルのオープニングレセプションの日、午後7時7分に777発の花火とともに灯台は点灯を再開しました。

その日から灯台は、一日も休むことなく神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。

◆関連リンク
神戸メリケンパークオリエンタルホテル – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。