白鶴酒造×神戸ワイナリーが「ワイン用ブドウ」の生産拡大に向けて連携を開始。ブドウを使った『白鶴酒造オリジナルワイン』の発売も

神戸の老舗酒造「白鶴酒造」と、神戸ワイナリーを運営する「神戸みのりの公社」が、神戸の特産品「ワイン用ブドウ」の生産振興に向けて、連携を開始しています。

「ワイン用ブドウ」の生産現場に、白鶴酒造の役員・社員が参加する取り組みを行い、5月17日には、白鶴酒造の社員などが、神戸ワイナリーのブドウ圃場で芽かき作業を実施。



今後は、神戸ワインの地産地消を目指して、収穫作業やワインの仕込み、ブレンドなどの作業に参加し『白鶴酒造オリジナルワイン』の発売も計画しているそうです。

今後の主な作業予定
6月:誘引・副梢整理
7月:副梢整理・傘かけ作業・工場見学・テイスティング
9月:収穫・除梗・搾汁作業
1月:ブレンド作業
未定:白鶴オリジナルワインの販売

同じ神戸市内の企業・組織として、地元の特産品・農業を守るという、互いの組織理念を実践する活動となっています。

白鶴酒造と神戸ワイナリーは、リキュール「梅ブランデー雫(しずく)」の共同開発も行っていました↓↓↓

白鶴酒造×神戸ワイナリーが共同開発。限定3000本のリキュール『梅ブランデー雫(しずく)』が発売されるそう。9/28~

2020.09.25

◆関連リンク
白鶴酒造株式会社 – 公式サイト
KOBE WINERY – 公式サイト

 

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ゼウスママ

    ワインが出来ましたら連絡下さい!楽しみにお待ちしてます。

    2021年5月16日8:51 AM 返信する