三宮中央通り地下道「サンポチカ」のリニューアル工事がスタートしてる。半分ずつやってくみたい

ライター:カオル

地下道「サンポチカ」のリニューアル工事がスタートし、西側半分が通行できなくなってます。


神戸市中央区三宮町

地下鉄海岸線の「三宮・花時計前駅」~「旧居留地・大丸前駅」までの間を徒歩でいくことができる「サンポチカ(三宮中央通り地下道)」。

「歩いて楽しい空間」にするためのリニューアル工事が始まりました。

三宮→大丸方面に続く「三宮中央通り地下通路」に『サンポチカ』って愛称がついたみたい

2021.08.16

工事は「2期」に分けられていて、まず西側半分、7月以降に東側半分が行われる予定。

「三宮中央通り駐車場」からは、どちらの工期でも1つは入口が確保される模様。

通行止めとなった1期工事のエリアです。

カラーコーンで立ち入りが制限され、奥に警備員さんもがいますが、まだ作業が始まってる様子はありませんでした。

「三宮プラッツ」につながる広い空間までは、2期エリアなので立ち入りできます。

以前、ストリートピアノの試験設置もされてましたが、今は置かれてません。リニューアル完了後には、設置されたりするんでしょうか?

「三宮プラッツ」にも、ストリートピアノがあった。7/31まで試験設置してるみたい

2019.07.24

全長400mのほぼ中間点なので、ひと休みできるベンチが設置されたらいいなと、勝手に期待しておきます。

「三宮・花時計前駅」に近い、2期工事のエリア。

両側が「花時計ギャラリー」となっていて、2022年6月に閉館する「生田文化会館の歩み」の展示が行われてます。

作品発表の場などとしても使われているので、リニューアル後に引き継がれるのかが気になるところ。

最も東側は、より落ち着いた雰囲気で、少し広くなった空間に風景画が飾られていたり、色調を合わせた石の椅子があったりします。

リニューアル後は、柱に沿うカラフルな椅子が配置されるようなイメージで、ガラっと雰囲気が変わるかもしれません。

工事期間は約半年。どう変化していくのか、変化を待ちたいと思います。

◆関連リンク
神戸がかわる都心再整備 – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。