阪急電鉄×阪神電車×東急電鉄が「再生可能エネルギー100%」で運行する『SDGsトレイン』が2021年も継続して走るみたい

阪急電鉄と阪神電車、そして東京を中心とした東急電鉄が、昨年から運行している「SDGsトレイン」。期間を1年延長して『SDGsトレイン2021』として運行を継続するみたいです。

阪急・阪神電車&東急電鉄が「再生可能エネルギー100%」で走るラッピング列車『SDGs トレイン2020』の運行を開始するそう 9/8~

2020.08.15

「SDGsトレイン」は「SDGs(持続可能な開発目標)」の認知度向上をめざして昨年から運行しています。

各鉄道会社では最新の省エネ車両が走っており、走行にかかる電力はすべて(実質的に100%)再生可能エネルギーが使われているんだとか。

車両デザインはこんな感じ。すでに見かけたこと、乗ったことがある人も多いかもしれません。

 

 

運行期間
2021年9月8日(水)~2022年9月上旬(予定)

名称・運行区間
 SDGsトレイン『未来のゆめ・まち号』(阪急阪神ホールディングス)
・阪急電鉄:神戸線/宝塚線/京都線/相互直通区間
・阪神電車:本線/阪神なんば線/相互直通区間
 SDGsトレイン『美しい時代へ号』(東急グループ)
・東急電鉄:東横線/田園都市線/世田谷線/相互直通区間

阪急電車が『コウペンちゃん』とコラボするみたい。7/14-1/31 乗務員室に「ぬいぐるみ」が添乗

2021.07.06

阪急電鉄では、現在「コウペンちゃん」とコラボしたラッピング列車も運行しています。

普段「SDGs」を意識することがなくても、自然と目にすることになりそうですね。

◆関連リンク
阪急電鉄 – 公式サイト
阪神電車 – 公式サイト
東急電鉄 – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。