KIITOで「イタリアデザイン界」を代表する『建築家』による展覧会が開催されるみたい

ライター:ゆう

デザイン・クリエイティブセンター神戸で、イタリアデザイン界を代表する『建築家』である「ミケーレ・デ・ルッキ」の展覧会が開催されます。

EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE
ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築

2022年7月16日(土)~8月7日(日)11:00~19:00
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)


神戸市中央区小野浜町1-4

ミケーレ・デ・ルッキと彼が主宰する建築スタジオAMDL CIRCLEによるリサーチプロジェクト「EARTH STATIONS」の全容を紹介。日本で初めての試みです。

イタリア人建築家・ミケーレ・デ・ルッキは、1980年代にデザインムーブメントを巻き起こしたデザイナー集団「Memphis(メンフィス)」の主要メンバーとして活動。

イタリア国内外にて住宅・産業施設・オフィス・文化施設などの建築プロジェクトや、ミュージアムのプランニングなどを手掛け、建築・デザインの分野において常に第一線で活躍し続けています。

日本国内では、「ジンズ(JINS)デザインプロジェクト」でのコラボレーションや白井屋ホテル(群馬県)のスペシャルルームを手掛けました。

現在は、神戸のランドマークであった旧六甲山ホテルを『六甲山サイレンスリゾート』として再生する5年間のプロジェクトを主導しています。

「EARTH STATIONS」とは、建築の進化する役割と象徴的な建物の必要性をめぐる考察から生まれた新しい建築のタイポロジーです。

本展では、「EARTH STATIONS」を中心に、六甲山サイレンスリゾートやその他プロジェクトにつながる建築家の思想を模型や映像で紹介するほか、ミケーレ氏がデザインした家具や照明などのプロダクトも展示されます。

期間
2022年7月16日(土)~8月7日(日)11:00~19:00 ※月曜休

場所
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階 ギャラリーC、プロジェクトスペース2B 

観覧料
無料

関連企画として「ミケーレ・デ・ルッキ×藤本壮介トークセッション」も開催されます。藤本氏は、2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサーを務める建築家です。

ミケーレ・デ・ルッキ氏から「EARTH STATIONS」や六甲山サイレンスリゾートのこれからについて、また自然・社会情勢の変化と建築などをテーマに藤本壮介氏とのトークが聞ける内容になっています。

展覧会の前知識を入れつつ、現在の建築についての理解も深められそうですね。建築に興味のある人はぜひ。

7月26日にはKIITO内に三宮図書館が移転するので、合わせていかがでしょうか。

KIITO内に『KIITO三宮図書館』ができるみたい。7月26日オープン。新しい「三宮図書館」ができるまでの一時移転先として

2022.03.21

◆関連リンク
KIITO|デザイン・クリエイティブセンター神戸 – 公式サイト
六甲山サイレンスリゾート – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。