KIITO内に『KIITO三宮図書館』ができるみたい。7月26日オープン。新しい「三宮図書館」ができるまでの一時移転先として

ライター:ユカコ

新港エリアの「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」2階に『KIITO三宮図書館』ができるそうです。


神戸市中央区小野浜町1-4

現在「三宮図書館」が入っている「勤労会館」は、バスターミナルの建設に伴って解体予定。

ターミナル内には、新しい「三宮図書館」がつくられる計画で、今回オープンする『KIITO三宮図書館』は、その完成までの一時的な移転先となります。

「JR三ノ宮駅」東側の商業施設『サンパル』が5月から解体されるみたい。バスターミナル・ホールなどが入るビルを建設へ

2022.03.12

移転オープン予定は、7月26日。現在ある「三宮図書館」は、6月30日の21時に閉館されます。

『KIITO三宮図書館』は、建物全体のレトロな雰囲気を生かした、ゆったりと洗練された空間に。さまざまな閲覧席で、読書・学習ができるみたいです。

「受付カウンター」のそばには、司書のおすすめ本棚「ブックマルシェ」が設置されます。

イスをまるく並べた「キッズコーナー」には、球体の本棚も。奥は、少人数で読書に集中できるような、閲覧スペース「ネストブース」になってます。

児童書エリアの近くには、くつろいで読書ができる「ブックリビング」スペースもあるみたいです。

館内には、壁を彫り込んだイスもつくられ、自分だけの空間で、静かに過ごすことができるとのこと。

仮移転先
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階

整備概要
【面積】984平方メートル ※現三宮図書館 : 606平方メートル
【蔵書数】約7万冊 ※現三宮図書館 : 約8万冊
【席数】約90席 ※現三宮図書館 : 60席
【開館時間】平日・土曜日 10:00~21:00/日曜日・祝日 10:00~18:00
【休館日】毎週月曜日・年末年始・蔵書点検期間

スケジュール
・現三宮図書館の閉館:2022年6月30日(水)21:00
・KIITO三宮図書館開館:2022年7月26日(火)10:00 予定
・移転に先立つ休館期間:2022年7月1日(金)~25日(月)

今後は、オープニングイベントのほか「KIITO」や「こども本の森 神戸」との連携企画など、読書にまつわる、さまざまなイベントも行われるようです。

まもなくオープン『こども本の森 神戸』に、本が並び始めてる。花時計もお祝いバージョンに

2022.03.08

地下鉄 海岸線「三宮・花時計前駅」構内には「予約図書自動受取機」や「返却ポスト」がありますので、休館中(7月1日~25日)は、そちらをご活用ください。

三宮に「予約図書自動受取機」が登場したみたい。図書館以外に設置は「全国初」

2020.06.29

◆関連リンク
KIITO|デザイン・クリエイティブセンター神戸 – 公式ホームページ
三宮図書館 – 神戸市公式ホームページ

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。