南京町の山側の路地に、無添加食パン『神戸milk食パン』ができてる。食べ歩きできる「神戸プリントースト」が気になる

ライター:カオル

南京町の山側の路地に、食パン専門店『神戸milk食パン』ができてました。系列スイーツ店とのコラボ食べ歩きメニューも。


神戸市中央区元町通 1‐1-1

『神戸milk食パン』ができたのは、南京町のひとつ山側の路地。オレンジ色のおやつ店「かなうた」から西へと入ってすぐのところ。

東側を向くと、大丸神戸店が見えます。正面にはコインパーキングがあり、路地を出て左に行くと「元町商店街」。

以前はタピオカドリンク店『日常茶間(ちゃま)』があったところです。

南京町の近くにあった台湾発のタピオカドリンク店『日常茶間(ちゃま)』が閉店してる。日本初上陸の人気店

2021.03.01

食パンは「プレーン」(680円)「ミルク」(780円)の2種類あって、その場で試食もさせてもらえました。

「プレーン」は、布引の水でパンの旨味と風味を引き出し、天然酵母を使用した北海道産小麦「夢ちから」100%の食パン。

「ミルク」は湯ダネで甘みともっちり感を出し、淡路牛乳、布引の水、厳選した北海道バター、きび糖などを使用したおやつ感覚でも食べれそうな感じ。



「プレーン」を試してみました。10cm×10cmの少し小ぶりなサイズで、長さは18.5㎝。1.5斤分の設定とのこと。

切ってみると、直立。特にかたいわけではないですが、小ぶりだから安定感があるのかも?子供もミミまで喜んで食べれる感じです。

2日間は「生」での美味しさがキープできるとのこと。

焼いてみたら、いい具合に「カリッ」。ミミの厚みも薄めなので焼いても硬くならない印象でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

神戸milk食パン(@kobe.milk.shokupan)がシェアした投稿

食べ歩き用のメニューがあって、これは、「神戸プリントースト」(500円)。「生杏仁プリン」を塗って焼き「杏仁ソフト」をのっけたメニュー。トーストというか、スイーツ。

南京町の入口(同じビルの反対側)にある「生杏仁プリン」専門店『神戸milk』の系列なのでコラボ。どちらの店でも買えるみたい。

南京町に「生杏仁プリン」専門店『神戸ミルク』ができたみたい。入り口にある「長安門」の前

2019.07.15

食パン専門店といえば、家で食べるために買うイメージですが、食べ歩きを楽しむ人も多い「南京町」ならではのスタイルかなと。

「神戸三宮阪急ビル」の開業日が4月26日に決まったみたい。下層階にできる『EKIZO神戸三宮』には、神戸初出店も19店舗

2021.01.29

さらに、2号店が「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」の「キッチン&マーケット」にできるそう。ここでも新たなコラボメニューなどが登場するのか、気になります。

店舗名神戸milk食パン
ジャンル食パン店
住所神戸市中央区元町通 1‐1-1 新元町ビル1F
電話番号078-335-5677
営業時間11:00〜19:00
定休日不定休
リンクTwitter / Instagram / 食べログ
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。