海洋分野における、日本唯一の総合的・国際コンベンション『Techno-Ocean 2021』12/9-11 神戸国際展示場

ライター:ふうか

海洋分野における、日本で唯一の総合的・国際コンベンションが、神戸で3日間にわたって開催されます。

Techno-Ocean 2021

2021年12月9日(木)~11日(土)
神戸国際展示場 2号館


神戸市中央区港島中町6-11-1

コンセプトは「海で会いましょう – Meet at Ocean –」。

「海洋分野」における産学官関係者が、一堂に会して議論する「パネルセッション」のほか、国際展示会・水中ロボット競技会・JOBフェアなどが同時に開催されます。

共同研究の推進、次世代人材の育成・繋がりに寄与する場づくり、産学官ネットワークでの「シーズ・ニースの掘り起こし」によるイノベーションの創出を目指しているそうです。

「シンポジウム」はオンラインでも聴講することができ、12月11日(土)には一般向けプログラムが実施されるみたい。

シンポジウム:基調講演 ※有料登録が必要
先駆的な取り組み・海洋政策など、国内外のゲストスピーカーによる基調講演です。
【日時】2021年12月9日(木)~10日(金)


シンポジウム:パネルセッション ※有料登録が必要
「海のSDGs」がメインテーマで、以下の5分野において「第一線」で活躍する業界関係者によるパネルセッションです。
・海からのカーボンニュ-トラル
・海の探査から開発まで -海中ロボットと資源開発-
・持続可能性に配慮した養殖業成長産業化戦略
・洋上風力発電開発とビジネス
・科学技術人材の獲得戦略 -海洋人材のキャリアパス-
※タイトルは変更になる可能性があります
【日時】2021年12月9日(木)~10日(金)


 国際展示会 ※入場無料
「海」に関わる、国内外の企業による国際展示会が開催されます。

同大会では、IT Tech関連/中小・ベンチャー・スタートアップ企業などの出展も随時募集されており、現地開催(神戸国際展示場 2号館)のほか、開催前から掲載可能な「バーチャルブース」を活用することでで、広く周知の場として利用できるそう。

また特別展示として、世界で初めてコバルトリッチクラスト(ニッケルやコバルトなどの金属を豊富に含む深海底鉱物資源)の掘削に成功した「採掘試験機(実物)」が、日本で初めて一般公開されます。 
【日時】2021年12月9日(木)~11日(土)

水中ロボット競技会 ※入場無料
全国の水中ロボット研究者や学生などの研究発表の場として[AUV部門/フリースタイル部門/ジュニア部門/海のアバター部門/夢の水中ロボットはがき絵コンテスト]の5部門で構成されます。
【日時】2021年12月11日(土)

JOBフェア ※入場無料
来場者と出展企業のマッチングを実施する、就職・転職希望者をターゲットとした「JOBフェア」が開催されます。

開催当日は、出展企業ツアー・キャリアカウンセラー常駐による面談ブースが設置される予定。なお、開催前に2〜3回「就職セミナー」も実施されるそうです。
【日時】2021年12月9日(木)~11日(土)

そのほか、詳細は公式ホームページからチェックしてみてください。



Techno-Ocean 2021 開催概要

日時
2021年12月9日(木)~11日(土)

場所
神戸国際展示場 2号館

参加方法
こちらから事前登録制

問い合わせ
テクノーシャン・ネットワーク事務局(一財)神戸観光局内
TEL:078-303-0029/メールアドレス:techno-ocean@kcva.or.jp

海洋について勉強している人や、興味のある人、就職・転職を考えている人などは参加してみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
Techno-Ocean 2021 – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。