日本初上陸、全世界850万人が感動!五感で体験する没入型展覧会『ゴッホ・アライブ』が開催されるみたい。すべて撮影可能。兵庫県立美術館

ライター:カズマ

日本初上陸のゴッホの展覧会が、名古屋から始まり神戸でも開催されます。新感覚の没入型展覧会です。

ゴッホ・アライブ

2023年3月18日(土)~6月4日(日)
兵庫県立美術館 ギャラリー棟3階ギャラリー


神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

2022年冬は名古屋・2023年春に神戸で、日本初上陸となる、新感覚の没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」が開催されます。既に名古屋では始まっています。

本展は、真っ暗な広い展示室に設置された様々な大壁と床に大迫力の“ゴッホ”が投影される新感覚のゴッホ展。まるで自分が作品に溶け込んでいくかのような感覚を五感で体験することができます。

オーストラリアの企画会社、グランデ・エクスペリエンセズが開発したゴッホ・アライブは、最新技術のマルチチャンネル・モーショングラフィックスと映画館品質のサラウンド音響、そして高精細のプロジェクターを組み合わせています。

世界を巡回し850万人以上を感動させた展覧会が、日本初開催。来場者をオランダ、パリ、アルル、サン=レミ、オーヴェール=シュル・オワーズを巡る旅に誘い、世界で最も有名な画家、フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を称えます。 

体を包み込むような迫力のクラシック音楽が流れる中、ゴッホ作品3000以上の画像が、壁や柱、床などありとあらゆる場所に最大40台のプロジェクターで映し出される圧巻の展示空間では、鑑賞順路はなく、新たな角度から作品の隅々に触れることができます。

ゴッホの芸術、生涯、時代背景を新しい形で感じることができる、今までにない展覧会だそうです。展示室はすべて撮影OK。

感覚の没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」開催概要
【会場】兵庫県立美術館ギャラリー棟3階ギャラリー 
【会期】2023年3月18日(土)~6月4日(日)
【休館日】月曜日
【開館時間】10:00~18:00
【主催】「ゴッホ・アライブ」神戸会場実行委員会
【共催】兵庫県立美術館
【協賛】非破壊検査
【後援】兵庫県
【お問合せ】キョードーインフォメーション:0570-200-888(月~土 11:00~18:00)
【入場料】
前売券 一般 2,300円/高校・大学生 1,800円/小・中学生 1,300円
当日券 一般 2,500円/高校・大学生 2,000円/小・中学生 1,500円
【発売期間】
前売券 2023年1月21日(土)10:00~3月17日(金)23:59
当日券 2023年3月18日(土)0:00~6月4日(日)15:00
【購入方法】WEB

チケットは、その他平日3時からのものや、ペアなど割安な割安なチケットがありますので、行きたい人は事前にチェックしてみてください。

◆関連リンク
ゴッホ・アライブ – 公式サイト

 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • かかりん

    「ゴッホ アライブ」昨年グラン・カナリアで長女が孫と私を観に連れて行ってくれました。四方のスクリーンに音楽と共に次々と映し出される動くゴッホの画。最高に素敵でした。
    神戸でまた観ることができるなんて超ラッキーです。
    たくさんの方とこの感動を共有出来たら嬉しいな〜♬
    この記事を目にすることができて私はツイてるツイてる❣️

    2023年1月11日8:03 AM 返信する