実は今が快適!『秋のグランピング特集』淡路島編。星空鑑賞や客室温泉でリラックスタイムを

ライター:ゆう

最近少しずつ涼しい風も吹いて過ごしやすくなってきた今、「キャンプ」に行くのはいかがでしょうか?

でも色々な準備が必要で、初心者には大変ですよね。そこでおすすめしたいのがグランピング

テント・ベッドはもちろん、手ぶらでできるBBQや客室温泉、冷暖房完備など快適な空間で、気軽に「自然」を体感できちゃいます。

ということで今回は、神戸からも行きやすい「淡路島のグランピング施設」をご紹介します。

【淡路市】GRAND CHARIOT(グランシャリオ)-北斗七星135°-
【淡路市】グランピングリゾートAwaji
【淡路市】淡路島グランピングビーチヴィラ漣(さざなみ)
【淡路市】GLAMP MARE(グランマーレ)Awaji
【淡路市】グランピングテラス淡路
【洲本市】FBI AWAJI – FIRST CLASS BACKPACKERS INN

GRAND CHARIOT(グランシャリオ)-北斗七星135°-

グランシャリオは、淡路島の北・東側にある兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」内にあるグランピング施設です。

約134haの広大な県立淡路島公園の中の最も高台に位置していて、明石海峡と世界最長のつり橋「明石海峡大橋」が一望できます。

対岸に広がる「神戸の夜景」と「満天の星空」を体感できる淡路島で随一のロケーションなんだそう。グランピング室内にある高さ5m以上の天窓から星空を眺めることもできます。

東経135°の線上に、繭の中にいるようにつくられた丘の上のコクーン(客室)は、「風・空・森・星」の4タイプ。全室ウッドデッキ付きです。リビングありの部屋や、愛犬と過ごせる部屋のほか、キャラクタールームもあります。

どの客室も木材が多く使われている印象で、木のぬくもりを感じることができそう。全室「ヒノキ風呂」が設置されているのもポイントです。

ヒノキ風呂とは別に、事前予約で入れる「酵素風呂」も。米ぬかや檜のおがくずを利用し発酵させ、外部のエネルギーを使うことなく熱を保ち身体の芯から温める入浴法です。併設されているサウナや足湯、五右衛門風呂も利用できます。

料理メニューも豊富で、夏季限定の「極上バーベキュー」のほか、すき焼き・うに鍋・しゃぶしゃぶ・すき鍋などから選べます。テラスで沈む夕日を見ながら食べられるんだとか。

バーベキューは、「淡路ビーフ」をメインとし、新鮮な魚介や、淡路島のミネラル豊富な土地で育った野菜が使用されています。

神戸と淡路島の景色に加えて、星空やヒノキ風呂、淡路島ならではの料理など、様々なサービスがあって、とことん自分を癒すことができそうですね。アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」チケットが特典として付いているので、ニジゲンノモリでアクティビティも体験できますよ。

淡路島にあるアニメパーク「ニジゲンノモリ」にグランピング施設 『GRAND CHARIOT(グランシャリオ)』が5月16日にオープン

2018.05.24

地図
淡路市楠本2425-2 MAP

部屋タイプ ※全室ヒノキ風呂付き
【風のコクーン】2人まで・約50㎡・ツインタイプ
【空のコクーン】2人まで・約60㎡・ツインタイプ ※愛犬同伴ルームあり
【森のコクーン】4人まで・約70㎡・シングルベッド2台&2段ベッド
【星のコクーン】4人まで・約75㎡・シングルベッド2台&2段ベッド ※愛犬同伴ルームあり

料金 ※夕・朝食付き ※税サ込
【風のコクーン】
45,980円~/1室2人
【空のコクーン】52,030円~/1室2人
【森のコクーン】45,980円~/1人
【星のコクーン】49,005円~/1人

チェックイン・チェックアウト
15:00~/~11:00

◆関連リンク
Grand Chariot – 公式サイト

グランピングリゾートAwaji

淡路島の北東、淡路ICの近くにある「グランピングリゾートAwaji」は、全8棟それぞれ個性的な色のドーム型グランピング施設です。うち3棟は愛犬同伴OK。

全室1棟貸切型で、他の部屋と十分な距離・感覚を空けて配置。トイレ・食事スペースなどは個別で利用できます。

それぞれテント内には、冷暖房が完備され、1年中快適に。2~8台のベッドが用意されていて、ソファやハンギングチェアに座って、海側の景色が眺められるようになっています。

各ドームテントの専用スペースには「ファイヤーピット」も。焚火を使ったアウトドア体験ができるみたいです。

淡路ビーフ・淡路ポーク・しらす・キャベツなどご当地食材を使用した「バーベキュー」が楽しめます。食材持込でオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」もありますよ。

ハンバーグやフランクフルトなど「お子様BBQメニュー」もあるので、親子でも行きやすいんじゃないでしょうか。

朝食は「たっぷりレタスのハムエッグサンド」。そのほか、管理棟では「島野菜マルシェ」やポップコーン・淡路島ソフトクリームも用意されています。

アクティビティーとして、カラフルな「トゥクトゥク」レンタルも用意。普通免許さえあれば誰でも運転できるそうです。

充実したアメニティーや、各テントのデッキスペースに個別のトイレ・シャワーブース・食事スペースがあるのが嬉しいところ。キャンプ・アウトドア初心者でも気楽に楽しめるんじゃないでしょうか。

淡路島にドーム型グランピング施設『グランピングリゾートアワジ』ができるみたい。ペット同伴可・カフェ&バーも

2021.03.30

地図
淡路市岩屋2604 MAP

部屋タイプ
【スカイ・ガーデン サンイエロー4~5人・78㎡・直径10m・8ベッド
【スカイ・ガーデン アイボリーストック2~4人・40㎡・2ベッド
【オーシャン・リゾート グランブルー2~5人・50㎡・直径8m・4ベッド ※わんちゃん同伴可
【オーシャン・リゾート フォレストグリーン/パールグレー2~5人・38㎡・直径7m・4ベッド ※わんちゃん同伴可
【サン・アイランド リーフグリーン/レッドサルビア/ミルキーホワイト2~5人・50㎡・直径8m・4ベッド

料金 ※夕・朝食付き ※税込 ※素泊まりプランもあります
【スカイ・ガーデン サンイエロー27,170円 ~/1人 ※1室4人利用時
【スカイ・ガーデン アイボリーストック
27,060円~/1人 ※1室2人利用時
【オーシャン・リゾート グランブルー28,270円~/1人 ※1室2人利用時
【オーシャン・リゾート フォレストグリーン/パールグレー26,070円~/1人 ※1室2人利用時
【サン・アイランド】22,770円~/1人 ※1室2人利用時

チェックイン・チェックアウト
15:00~18:00/~10:00

◆関連リンク
グランピングリゾートAwaji – 公式サイト

淡路島グランピングビーチヴィラ漣(さざなみ)

淡路島の北「道の駅 あわじ」から徒歩5分以内のところにある「淡路島グランピングビーチヴィラ 漣(さざなみ)」。

日本初のルーフトップ・ドーム型グランピングで、宿泊施設「umitsuki」兼レストランの「MOON JELLY」の3階屋上にあります。

冷暖房完備でオールシーズン利用できる直径8Mのドーム型テントです。大きなソファと窓から「明石海峡大橋」と海を眺めることができます。

屋上に1棟だけ配置されていて「1日1組限定」なので、他の利用客の騒音や共用スペースの混雑を気にせずに滞在できるのが特徴です。

アウトドアリビングには、L字型のソファに座りながら見れる「プロジェクター」も。日没後はライトアップされた大橋と神戸の夜景が望めます。

基本「素泊まり」で、同一施設「MOON JELLY」2階の江戸前寿司「鮓 希凛」や、その他の近隣飲食店を利用するかたち。

もちろん「バーベキュー」も、同一施設1階のイタリアンレストラン「BUCHI(ブチ)」で食べることができます。それぞれ事前予約が必要です。

クリアカヤック・サップ・バナナボート・ウェイクボードなどの「マリンアクティビティ」も用意。日が落ちるとビーチで焚火や花火も楽しめます。

屋上に1棟・1日1組限定なのが、他のグランピング施設とはまた違ったポイント。プロジェクターやマリンアクティビティ、焚き火、花火など、1泊では足りないほど充実した時間を過ごせそうですね。

淡路島にできるドーム型グランピング施設「淡路島グランピングビーチヴィラ漣(さざなみ)」の予約受付が始まったみたい。8月オープン

2021.06.12

地図
淡路市岩屋1871 MAP

部屋タイプ
ルーフトップドーム(8人まで・50㎡・直径8m・ダブルベッド4台)

料金 ※食事なし ※税込
116,000円~/1棟

チェックイン・チェックアウト
15:00~18:00/~11:00

◆関連リンク
淡路島グランピングビーチヴィラ 漣 – 公式サイト

GLAMP MARE(グランマーレ)Awaji

GLAMP MARE(グランマーレ)Awajiは、淡路市立東浦中学校から車で南に5分のところに、昨年9月オープンした「全室オーシャンビュー」のグランピングリゾートです。

約2700㎡の広い海辺の立地にわずか5棟。「ベレットテント」「マーレドーム」「モルトドーム」の全3タイプのテントがあります。

冷暖房完備のテントの外には、専用のプライベートガーデンが設けられていて、ファイヤーピットも用意。日没後には潮風にあたりながら炎の揺らめきを眺めるといった優雅な時間を過ごせるみたいです。

各テントのデッキスペースに個別トイレと、雨の日でも「BBQ」が楽しめる専用食事スペースが設置されています。

食事は、御食国・淡路島の食材を使ったBBQです。淡路牛・淡路ポーク・玉ねぎ・タコなどご当地食材が中心のメニューになっています。

ハンバーグやじゃがバターなどが入った「お子様BBQ」や、食材を持ち込んでオリジナルBBQを楽しむ「素泊りプラン」も。

モーニングには、2種のカスクート(ハム&チーズ、アボガド&サーモン)と島野菜サラダ、ヨーグルト、オレンジジュースが付いています。

グランマーレの特徴は、全棟に完備された「客室温泉風呂」。専用食事スペースの2階に設けられていて、青い空と海が眺望できます。

チェックインからアウトまで好きなタイミングで気兼ねなく天然温泉が楽しめるのは、嬉しいポイントじゃないでしょうか。

淡路島に全室「客室温泉付き」プライベートなグランピング施設『グランマーレ淡路』ができるみたい。9月オープン

2021.09.04

地図
淡路市釜口字津田2013 MAP

部屋タイプ
【ベレットテント】2〜4人・39㎡・4ベッド・客室温泉風呂
【マーレドーム】2〜5人・38㎡・2ベッド・客室温泉風呂
【モルトドーム】4〜10人・76㎡・8ベッド・客室温泉風呂

料金 ※夕・朝食付き ※税込 ※1人(4人1棟利用時)※素泊まりプランもあります
【ベレットテント】28,600円~
【マーレドーム】30,800円~
【モルトドーム】28,600円~

チェックイン・チェックアウト
15:00~18:00/10:00

◆関連リンク
グランマーレ淡路 – 公式サイト

グランピングテラス淡路

淡路島の真ん中「伊弉諾神宮」があるあたりの西側海沿いに、今年8月末にできた「グランピングテラス淡路」。今回紹介する中で一番新しいグランピング施設です。

全5棟のグランピングテントが用意されていて、丸いドーム型テントと、ダイヤモンド型のテント「ステラドーム」の2タイプがあります。

各棟には「客室温泉」が備えられていて、滞在中いつでも天然温泉につかれるところが魅力。自然の中でゆったりリフレッシュできそうですね。

夕食のグランピングBBQには、淡路牛・淡路豚のステーキ・生ソーセージをはじめ、アウトドア気分を盛り上げるスキレット料理やダッチオーブンで炊き上げる淡路米などが用意されています。

淡路島で育った島野菜を無料で選べる「お野菜マルシェ」があるので、食材を自由に持ち寄り楽しむ素泊まりプランもいいかもしれません。

そのほか体験コンテンツも豊富。燻製体験・ポップコーンの手作り体験・マシュマロ焼き体験、また自由にオリジナルのキャンプ飯に挑戦する「アウトドアギアマルシェ」が用意されています。

大人も子どもも楽しめる日常ではできないような体験があるので、充実した1日が過ごせるんじゃないでしょうか。

淡路島に、客室温泉付きのグランピング施設『グランピングテラス淡路』ができるみたい

2022.07.16

地図
淡路市多賀2237 MAP

部屋タイプ
【ドームテント】2~6人・直径7m・2&4ベッド・客室温泉風呂
【ステラドーム】2~4人・直径7m・2ベッド・客室温泉風呂

料金 ※夕・朝食付き ※税込 ※1人(4人1棟利用時)※素泊まりプランもあります
29,150円~

チェックイン・チェックアウト
15:00~18:00/10:00

◆関連リンク
グランピングテラス淡路 – 公式サイト

FBI AWAJI – FIRST CLASS BACKPACKERS INN

洲本市西側の海岸沿い、淡路島中央ICから西に車で20分のところにある『FBI AWAJI』。キャビンタイプとテントタイプのほか、自分たちで準備するキャンプエリアが用意されています。

キャビンタイプは8棟。最大3人・4人・6人・10人の部屋があり、室内にはベッド・クーラー・ハンモック(一部なし)などの設備が整っています。

デッキスピースにはテーブル・イス・グリルが完備されているので、海風に吹かれながらの「BBQ」が楽しめます。手ぶらセットがあるので、気軽にキャンプ体験ができそうですね。

テントタイプは4棟用意。ベルギーから輸入したコットンテント「JERRY(ジェリー)」とスウェーデンから輸入した18ウッドポールの本格的な「TIPI(ティピー)」の2種類です。

室内にはカラフルなラグが敷き詰められていて、中心に「囲炉裏」があるテントもありますよ。

アクティビティとして、「サップ」や「カヤック」のほか、「テントサウナ」「フィッシング」などを用意。色々あるので1日中楽しめそうですね。

キャビン・テントは種類豊富なので、どれにするか迷ってしまいそう。自分たちでキャンプするエリアもあるので、本格的な体験もできるんじゃないでしょうか。

地図
洲本市五色町鳥飼浦 MAP

部屋タイプ 
【キャビン】RHYTHM・BLUES(最大定員3人)/FRISBY・LUCY MAY(最大定員4人)/CANDY・PEANUTS・BILLY(最大定員6人)/MOOMIN(最大定員10人)
【スタイリングテント】JERRY・TIPI CLASSIC・TIPI SLEEPY・TIPI RELAX(最大定員6人)
※その他、自分で準備するキャンプエリアもあります

料金 ※税込 ※1泊1棟当たりの値段 ※別途施設利用料がかかります
キャビン
【3人用(RHYTHM・BLUES)】23,100円~
【4人用(FRISBY・LUCY MAY)】31,900円~
【6人用(CANDY・PEANUTS・BILLY)】34,100円~
【10人用(MOOMIN)】50,600円~
スタイリングテント(最大定員6人)
【JERRY】28,600円
【TIPI(CLASSIC・SLEEPY・RELAX)】20,900円

チェックイン・チェックアウト
15:00/11:00 ※レイトチェックアウト18:00

◆関連リンク
FBI First class Backpackers Inn. – 公式サイト


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「グランピング」「淡路島」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。