「アルザス・ドイツ」の郷土料理をテーマにした『ランチビュッフェ』2/21-24 ホテルピエナ神戸

ライター:ユカコ

兵庫県の食材を使った「フランス東部のアルザス地方」や「ドイツ」などの郷土料理を味わえるランチビュッフェが、ホテルピエナ神戸で開催されます。

ランチビュッフェ in ホテルピエナ神戸

2020年2月21日(金)~2月24日(月)12:30~14:30
ホテルピエナ神戸 2階 レストランパトリー


神戸市中央区二宮町4-20-5

美しい緑に包まれた「ワイン街道」で有名なアルザス地方。アルザス料理は、大胆なドイツ料理と繊細なフランス料理が合わさった性格を持つのが特徴だそうです。

ランチビュッフェでは、神戸近郊野菜を使ったググロフ(アルザス地方発祥のふわふわの発酵菓子)やドイツ風ハンバーグなどの個性豊かなメニューと一緒に、ソムリエ厳選のワインも味わうことができます。

日程
2020年2月21日(金)~2月24日(月)12:30~14:30 
※入店開始12:10、ラストオーダー14:00
※混雑緩和のため、予約の先着10組は12:20よりお料理をお取りください。

料金
大人(中学生以上)4,500円(税抜)/小学生以下 2,250円(税抜)/幼児(3歳以下) 無料

申込方法
TEL:
078-272-3366(10:00~18:00)
※お1人様の場合は相席となる場合あり
※キャンセル料【2日前・前日】50%【当日】 100%

問い合わせ
ホテルピエナ神戸 ルシエル  078-272-3366

ドイツ料理といえばウインナーやビールの印象が強いですが、ここではよりどりみどりなお料理との出会いも楽しめそう。

とれたての食材で、どこか温かみを感じるアルザス地方の郷土料理を堪能するとひとときはいかがでしょうか。

◆関連リンク
ホテルピエナ神戸 – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。