コープこうべ、開店から30分「高齢者・障がい者・妊産婦」専用に

ライター:れいな

生活協同組合コープこうべは4月8日から、開店後30分間を「65歳以上の高齢者・障がい者・妊産婦 専用の買物時間」(介助者同伴可)にしています。

政府が緊急事態宣言を出し、生活必需品を買い求める人で店の混雑が予測される中、社会的な配慮を必要とする人が安心して買物できるよう対応した格好です。

例えば中央区にある「コープ山手」の場合、9時~23時が営業時間ですが、9時~9時半の間は、高齢者・障がい者・妊産婦専用で、食品や生活必需品などを優先的に購入できるようです。

コープミニを除く神戸市内のすべての店舗が対象で、当面の間つづけられる予定。開店時間は店舗によって異なるため、詳しくはこちらをご覧ください。

対象
高齢者(65歳以上)、障がい者、妊産婦
※介助者同伴可

実施店舗
コープミニを除くすべての店舗

実施時間
開店から30分間

◆関連リンク
生活協同組合コープこうべ – 公式サイト

れいな
ライター:れいな
「東遊園地」には観覧車があると思った人。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。