60年の歴史持つ『ダイエー新長田店』が、今年いっぱいで閉店に。地域とともに震災を乗り越えた店

ライター:カオル

新長田で震災での倒壊も乗り越えて頑張ってきた『ダイエー新長田店』の閉店が決まりました。


神戸市長田区久保町5-1-1

『ダイエーグルメシティ新長田店』があるのは、大正筋商店街の真ん中あたりにある「アスタくにづか3番街」。

海側は「新長田合同庁舎」に面してます。

山側には「アスタくにづか1番館」があり、「阪神高速」の高架をくぐって駅近くまでアーケードが伸びます。その先が、鉄人がそびえ立つ「若松公園」で、歩いて5分ほどの距離。

長田区の「西市民病院」の移転予定地を見てきた。「鉄人28号」の背後にできるみたい

2021.07.06

『ダイエー新長田店』は「地下1階」にありまして、エスカレーターなどで降ります。

地上に大きく看板は出ているけど、初めて行った人は「あれ?どこ?」ってなるかもしれません。



店内では、食料品だけでなく衣料や寝具、生活雑貨なども並び、少しずつ色々と揃えられるお店です。

前身となる「ダイエー西神戸店」は、大正筋商店街に60年前(昭36年)に開業、阪神大震災で建物が倒壊する被害を受けますが、5か月後には「仮設店舗」で再開し地域の人を勇気づけました。

その後、市が整備した再開発ビル「アスタくにづか」に入り今に至ります。

閉店予定は、今年の大みそか12月31日(金)の17:00

地域の人の中には、毎年この店で年越しの準備を揃えていたという人も、多いんじゃないでしょうか。

閉店理由は、他店との競争激化による「売り上げの低迷」などがあるみたい。

店内の一部は「工事中」のエリアがあり、すでに通常モードではない状態になり始めています。

「閉店セール」も行われていて、「ギフト品」や「下着」「靴下」といった生活雑貨などが半額100円に。

少しずつ商品が減り始めている棚もあるように感じました。

同じフロアには、「肉屋」や「くだもの屋」「お惣菜屋」なども出店していてダイエーに行きつつ買うという行動パターンの人も多かったと思われます。

この後のテナントが何になるのかは分かりませんが、今まで以上に人の流れを作り、周辺のお店も賑わうようなお店が入ることを願うばかりです。

◆関連リンク
ダイエー – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。