【厳選】淡路島へショートトリップ!日帰りで行ける島のカフェめぐり

ライター:このみ

神戸の中心から車でたった30分ほどの所ある「淡路島」。これだけ気軽に足を運べる場所なのに、橋を渡ると普段の場所から遠くまで来たような、そんな旅気分が味わえます。

縦長の淡路島は北から南まで、下道を使っても1時間半ほどで縦断できるので1日でドライブするのにちょうどいい島なんです。

とはいえ、あれこれ寄り道しているとなかなか1日では回れないほど、観光スポットが充実している最近の淡路島。

今回は「淡路市」「洲本市」「南あわじ市」の3つの市からなる島内のうち「淡路市」に限定したおすすめのカフェをご紹介していきます。

岩屋珈琲店


画像:公式Instagramより

明石海峡大橋を渡ってすぐの街、「岩屋」にある『岩屋珈琲店』は、珈琲と陶器のお店です。

お店のオリジナル「岩屋コーヒー」はケニヤとコロンビアのブレンド。


画像:公式Instagramより

流行りのフルーツサンドも、いろんな味が楽しめて見た目にも可愛い。写真真ん中の「お芋サンド」は、淡路島産の紅はるかを使った人気商品のひとつです。

イートインもできますが専用駐車場がないので、徒歩圏内にある市営の駐車場(有料)を利用する or テイクアウトして海沿いで楽しむのもいいかもしれません。

 営業時間 
11:00〜16:00

 定休日 
不定休

◆関連リンク
iwaya__coffee – 公式 Instagram

Vegan cafe lilla (リラ)


画像:公式Instagramより

淡路島の東側、久留麻(くるま)の丘の上にある『Vegan cafe lilla (リラ)』は、宿泊施設「casa carina」の中にあるヴィーガンカフェです。

卵・乳製品・砂糖不使用やグルテンフリーなど「身体にやさしい」をコンセプトとしたマフィンやジェラートなどのスイーツが楽しめます。


画像:公式Instagramより

マフィンは、さつまいも・りんごシナモン・チョコバナナなどその時々で味が違うので、行くたびにいろんな味を楽しめそう。

森の中のカフェという感じで自然いっぱいの場所なので、テラス席で解放感を感じながらゆったりティータイムなんてのもいいですね。

 営業時間 
11:00〜17:00

 定休日 
月・火・木

◆関連リンク
lilla_vegancafe – 公式 Instagram

Long

淡路島の西側、北淡ICから車で15分のところにある『Long(ロング)』では、多国籍料理を楽しむことができます。

キャンプやBBQが楽しめる施設「Frogs FARM(フロッグスファーム)」内にあるレストランで、全長25mのカウンター席から海を眺めながら食事ができます。

フルーツの刺さった南国ドリンクなどもあるので、海外リゾート気分が味わえそうですね。車でアクセスする人も多いので、もちろんノンアルコールカクテルも充実しています。

スイーツは、パフェ・ミルフィーユ・プリンなどいろいろあるので、サンセットとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 営業時間 
【DAY TIME】11:00~15:00
【SUNSET & DINNER TIME】15:00~22:00

 定休日 
なし

◆関連リンク
FrogsFARM – 公式サイト

RIBBIT RIBBIT(リビリビ)


画像:Instagramより(@___iiiiiiirr

淡路島の西側にある、『RIBBIT RIBBIT』では、ガレットやクレープを楽しむことができます。2021年にオープンした宿泊施設「Lazy inn.(レイジーイン)」に併設したカフェで、店内だけでなくテラス席もあります。

施設全体については以前ご紹介しています。

淡路に「のんびり」を楽しむ宿泊施設『Lazy Inn.(レイジーイン)』ができるみたい。7月22日オープン

2021.05.24


画像:公式Instagramより

メニューは、フルーツをたくさん使った「デザートクレープ」が数種類と、お食事メニューのガレット。「丸ごと玉ねぎとサワークリームオニオンのガレット」は、淡路島ならではの感じで人気メニューですが、一日10皿限定みたいですよ。

珈琲などのカフェメニューのほかに、地ビールなどもあるので車移動でない人は、ガレットなどと一緒にぜひ。

 営業時間 
10:00~22:00

 定休日 
なし

◆関連リンク
lazy Inn. – 公式サイト

森の音

『森の音』は淡路島の東側、洲本の少し手前から山の中へ入っていった別荘地にある一軒家のような佇まいのカフェです。

淡路ワールドパーク ONOKOROなどが近くにありますが、山の中の細い道をくねくねあがっていくので、車必須の場所という感じです。

季節ごとに変わるケーキと、お店こだわりの珈琲でホッと一息つける友達のおうちにお邪魔したようなほっこりできる空間です。 

11:00から完全予約の3部制でランチタイムもやってるみたい。カフェは店頭で名前を書いて順番を待つシステムになっているので、週末などは時間に余裕を持っていくことをおすすめします。


画像:公式Instagramより

「こぞら荘」の系列になるので車で数分走ると、雑貨屋や宿泊施設と一緒に「テイクアウト専門のカフェ」もあります。山の景色を眺めながら、ベンチに座ってマフィンやドリンクを楽しむのも格別ですよ。

 営業時間 
【カフェ】10:00〜11:00/15:30~
【ランチ】11:00~15:30

 定休日 
インスタグラムにてチェック

◆関連リンク
森の音 – 公式サイト(こぞら荘)

Cafe Rocca


画像:公式Instagramより

淡路島の東側、先ほどご紹介した『森の音』から車で5分ほどのところにある『Cafe Rocca』は、ワンプレートランチのほかに、ワッフル・焼き菓子なども楽しめるカフェです。

もともとミカン畑だった場所を切り開いて、まさに今オシャレなお店がいろいろと作られている最中という雰囲気です。


画像:公式Instagramより

すぐ目の前にはビンテージ家具のお店もあり、店内には「昭和レトロ」な食器や花瓶などもいろいろあります。

ドリンクをテイクアウトして、周辺の雑貨店などを歩いて回るのも楽しそうです。

 営業時間 
11:00~18:00

 定休日 
木曜日

◆関連リンク
cafe_rocca_awaji – 公式Instagram


いかがでしたか?他にもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「神戸西グルメ」「カフェ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。