「こどもの洋裁教室~洋裁マダムとマスクをつくろう~」参加者募集。KIITOでミシンをつかって洋裁体験ワークショップ

ライター:はるな

バナー

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で、子どもの創造的な学びのプラットフォーム「KIITO:300キャンプ」の取り組みとして、洋裁ワークショップが開催されます。

こどもの洋裁教室~洋裁マダムとマスクをつくろう~

2022年6月18日(土)/7月16日(土)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)


神戸市中央区小野浜町1-4

型紙をつくって生地を裁断したり、洋裁の基礎や基本的なテクニックを学び、手縫いやミシンを使ってマスクづくりに挑戦するそうです。

色や柄を見て生地を選ぶ楽しさや、自分の手で一からつくりあげる体験をすることで、ワークショップを通してものづくりの魅力と面白さを学びます。


今回制作するマスクのイメージ

ワークショップの流れ(予定)
1.洋裁マダムの紹介・参加者自己紹介
2.型紙、生地を選ぼう
3.生地を裁断してみよう
4.マスクを縫ってみよう
5.仕上げ、完成

講師プロフィール
洋裁マダム(「大人の洋裁教室」受講生)
2015年に開催された「LIFE IS CREATIVE展」から始まった、いつまでも美しく、おしゃれでありたい大人の女性のための「大人の洋裁教室」受講生たちの愛称。眠っていた和服を持ち寄って、2016年の一期生はよそいきのワンピースに、2017年の二期生は夏のシャツに仕立て直したそうです。
2018年以降もスキルアップ講座を開講しているようです。長年の趣味として洋裁スキルを培ってきたマダムたちが集うコミュニティとなっているとのことです。

大人の洋裁教室は、50歳以上の男女を対象として2016年から始まったプロジェクト。講師は見寺貞子さん(神戸芸術工科大学 大学院芸術工学研究科 教授 博士/芸術工学)

「洋裁マダム」と呼ばれる受講生たちが洋裁やおしゃれのセンスを学び、技術を活かして日々の暮らしを楽しむことをめざしているそうです。

「洋裁マダム」は、依頼されたエプロン制作やイベント出店など、活動の幅を広げながら継続的にスキルアップをめざしており、2018年にはこども向けワークショッププログラム「ちびっこうべ2018」において、こどもたちに洋裁技術を教える「ちびっこ洋さい工房」のサポート役として参加したみたいです。

日程
①2022年6月18日(土)②7月16日(土)/各日14時~16時 
※①②は同じ講座内容です。どちらか一方を選んで申し込みしてください。 

場所
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)3F KIITO:300

講師
洋裁マダム(「大人の洋裁教室」受講生)

対象
小学3年生~中学3年生

人数
各回10名(事前申込制、申込多数の場合は抽選をするそうです。)

申込期間
①2022年5月17日(火)14:00~ 6月10日(金)
②2022年5月17日(火)14:00~ 7月6日(水)

申込方法
公式サイト

抽選結果
①2022年6月13日(月)②2022年7月8日(金)までにメールで連絡がくるそうです。

主催
デザイン・クリエイティブセンター神戸

ものづくりが好きな子も、そうでない子も、洋裁マダムとのお喋りに花を咲かせながら楽しい思い出を作れそうですね。

◆関連リンク
KIITO|デザイン・クリエイティブセンター神戸 – 公式サイト

 
はるな
ライター:はるな
暑さに弱い、九州産。六甲山から海の近くに毎日通っています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。