【厳選】神戸のオシャレな『古民家カフェ』で癒しのランチタイム。自然に囲まれてゆったりと

ライター:このみ

神戸の山側を中心に、古民家をリノベーションしたオシャレなカフェがどんどん増えていますね。

今回は、ドライブがてら、森や山・田んぼなど自然に囲まれた癒しスポットで、「ランチ」が楽しめそうなお店をいくつかご紹介していきます。

もくじ
● 【淡河】はなとね
● 【淡河】ごはんやさんキモリ
● 【有馬】食堂 森本
● 【有馬】茶房 堂加亭(どうかてい)
● 【北区】ひの家ふぇ
● 【西神中央】古民家かふぇ かるむ
● 【伊川谷】古民家カフェ たまゆら

【淡河】はなとね

画像:公式Instagramより

『はなとね』は、260年以上前に建てられた茅葺き民家で焼き上げる「ベーグル」と「スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)」のお店です。

ベーグルの小麦には北海道産はるゆたかを、スチームベーグルにも兵庫県神戸市淡河産の米粉を100%使用していて、材料にこだわっているんだとか。

画像:公式Instagramより

車麩サンド・鶏ハムサンド・BLTサンド・ハムサンドなどおかず系の「ベーグルサンド」や、クリームチーズと洋梨・あんことクリームチーズなど「フルーツサンド」があります。※日によってメニューは異なります

他にも、シンプルなベーグルが16種類。袋に入っているので、お持ち帰りもしやすくなっています。※日によって用意のないものもあります

開店時間の10:00に行っても並んでいることが多いので、WEBサイトでパンを予約しておくといいかもしれません。毎週日曜日21:00から月曜日の12:00までしか予約できないのでご注意を。

定休日
日~水曜日

営業時間
10:00~16:00

地図

神戸市北区淡河町神田143-2

◆関連リンク
はなとね – 公式サイト
はなとね(@hanatonebagel) – 公式Instagram

【淡河】ごはんやさんキモリ

画像:公式Instagramより

20年以上「会席料理」を作り続けてきたシェフによる、会席コース料理を少しづつ1つのお膳に詰めて、カジュアルに会席料理を楽しめる『ごはんやさんキモリ』。

納屋を改装したどこか懐かしい雰囲気の外観で、店内は季節の草花を使ってコーディネートされています。

画像:Instagramより(@naomiru426

イチオシは「キモリ膳(1,980円)」。会席コース料理で出てくる「先付け(前菜)」「向付(刺身・酢の物)」「焼き物」「煮物」「強肴(揚げ物・酢の物・茶碗蒸しなど)」「ご飯」「汁物」が、少しずつお膳に乗っています。

食後にはデザート付き。月ごとにメニューが変わるので、毎月違う味を楽しめますよ。そのほか「キモリ天丼(1,320円)」やキッズランチも。

コース料理だとお腹いっぱいになってしまうこともしばしば。少しずついろいろな料理が味わえるのは嬉しいですね。過去に取材した記事もあるのでぜひ。

カジュアルに会席料理を楽しめるごはん屋さん『キモリ』日本伝統の味に向き合いつづけた主人がつくる洗練された料理

2020.03.23

定休日
月・火曜日 ※不定休で水・日もお休みの場合あり

営業時間
【平日】11:00~L.O.14:00
【土日】ランチ11:00~L.O.15:00/カフェ11:00~L.O.16:00

地図

神戸市北区淡河町萩原696

◆関連リンク
ごはんやさんキモリ(@kimori0530) – 公式Instagram

【有馬】食堂 森本

画像:Instagramより(@arimaonsenguide

『食堂 森本』は、神戸電鉄 有馬温泉駅から徒歩8分ほどのところにある、定食メインの食堂屋さんです。実家である明治23年創業の元畳店を改装したんだとか。

店内は白い壁と木を基調としたデザインで、オープンキッチンの前に並ぶカウンター席と、テーブル席があります。

画像:Instagramより(@shin_go_kobe

ご飯・みそ汁・メイン・サブのおかずが付いた定食です。「トンカツ定食(1,450円)」や「ポークチャップ定食(1,450円)」など、神戸ポークを使っているそう。ボリューム満点なのに重た過ぎず、途中でソースの味変もできるみたいです。

ランチのみ提供される数量限定の「ふわとろオムライス(850円)」も人気なんだとか。自家製タルタルソースの追加や、ご飯のおかわりもできるので、男性でもお腹いっぱい食べられるんじゃないでしょうか。

定休日
水曜日のディナー・木曜日

営業時間
【ランチ】11:30~15:00(L.O.14:30)
【ディナー】17:00~22:00 ※状況により変更あり

地図

神戸市北区有馬町1170-3

◆関連リンク
食堂 森本(@shokudo_morimoto) – 公式Instagram

【有馬】茶房 堂加亭(どうかてい)


画像:Instagramより(@arimaonsenguide

神戸電鉄 有馬温泉駅から徒歩7分ほど『茶房 堂加亭(どうかてい)』は、「金の湯」があるところから上がっていく細い通り沿いにあるお店で、先ほどご紹介した食堂森本のすぐ近くです。

このあたりは「古民家」のお土産物屋さんや飲食店が集中しているので、歩いているだけでも温泉街らしい風情があって、ちょっとした旅気分を味わえそう。


画像:Instagramより(@miiiyuiii

店内のほかに、テラスもあるので、自然の空気を感じながらゆったりランチしたいという人には、テラス席もおすすめです。

「たっぷり野菜のサラダランチ(1,100円)」は、自家製のポークハム・野菜たっぷりサラダ・川上商店さんの実山椒入りスパニッシュオムレツ ・タラのコロッケ ・本日の一品 ・店焼きクロワッサン&チェダーチーズと盛りだくさんのコスパもよいメニュー。

和洋のスイーツや、自家製ドリンク、お酒類なども豊富に揃っているので、日帰り温泉の前後で「お茶」や「お酒を1杯」みたいな楽しみ方もできそうです。

定休日
木・金曜日

営業時間
平日:11:00~17:00​
​土日祝:11:00~17:30

地図

神戸市北区有馬町1176

◆関連リンク
douka-tei(@doukatei.ari) – 公式Instagram

【北区】ひの家ふぇ


画像:公式Instagramより

古民家に大きな暖簾が目を引く「ひの家ふぇ」は、週末限定で営業しているカフェです。食事メニューだけでなく、プリンや有機栽培コーヒー・和紅茶なども楽しめるお店です。


画像:公式Instagramより

「古代米おにぎりセット(500円)」と「卵かけご飯セット(750円)は、予約者優先みたいなので、時間などが決まっている場合は予約しておくとよさそう。

テラス席でのどかな田園風景を眺めながらのおにぎりは、いつも以上に美味しく感じられそうですね。

営業日
土・日曜日 ※第4日曜日を除く

営業時間
11:00~17:00

地図

神戸市北区八多町上小名田1570

◆関連リンク
ひの家ふぇ (@hinocafe1570) – 公式Instagram

【西神中央】古民家かふぇ かるむ


画像:公式Instagramより

地下鉄「西神中央駅」の近くにある『かふぇ かるむ』は、築100年の古民家を改装したお店で入口は畳張りになった「おばあちゃんのおうちに遊びに来た」ような雰囲気のカフェです。

「かるむ=穏やかに」という意味の通り、お客さんも働くスタッフも「穏やかに過ごせること」がお店づくりのコンセプトみたい。


画像:Instagramより(@amnt_0u0

ランチメニューは月替わりになっていて、「一の膳」「ニの膳」に分かれて運ばれてきます。写真左「一の膳」だけでも十分満足感のあるボリューム感。

他に、薬膳カレーや夏場はかき氷などもあるみたいなので、飽きずに楽しめそうです。縁側を眺めながら、のんびりランチなんていかがでしょうか。

定休日
水・木曜日+祝日

営業時間
①11:30~②13:00~の二部制

地図

神戸市西区平野町黒田323

地下鉄「西神中央駅」の近くに、築100年の古民家を改装したカフェ『かふぇ かるむ』ができてる。新鮮な野菜を使ったランチ

2021.11.20

◆関連リンク
かふぇかるむ(@cafe_calm21) – 公式Instagram

【伊川谷】古民家カフェ たまゆら


画像:公式Instagramより

『たまゆら』は、地下鉄 伊川谷駅から1.1km、車で2分ほどのところにある、定食&スイーツが楽しめるお店。窓際から緑を眺めながら、ゆっくり食事が楽しめます。

『たまゆら』の珈琲は「萩原珈琲」の豆を使用しているみたい。神戸の老舗珈琲店については、以前ご紹介しています。

神戸の『珈琲豆焙煎所』くらべてみました【老舗編】

2021.05.11


画像:公式Instagramより

たまゆらでは会食メニューなどもありますが、1000円台から楽しめる手軽なランチメニューもあるみたいです。人気のハンバーグ定食(1300円税別)は、ご飯やお味噌汁副菜などもついています。

お子さん用のメニューなどもあったりするので、家族でも足を運びやすそうですよ。

定休日
土・日・月曜日+祝日

営業時間
9:00~15:00

地図

神戸市西区伊川谷町井吹1358

◆関連リンク
古民家カフェ たまゆら(@tamayura1358) – 公式Instagram


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「カフェ」「神戸西グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    たまゆらのところが森本の説明になってます

    2022年4月17日5:28 PM 返信する