買って、食べて、体験できる!体験型観光スポット「北野工房のまち」特集  Feel KOBE

ライター:ゲストオーサー

各線三宮・元町駅から徒歩約12分のところにある「北野工房のまち」は、神戸を「買って」「食べて」「体験して」楽しめる体験型の観光スポットです。施設は廃校になった小学校を活用しており、レトロな雰囲気を味わえるのも魅力の一つ。

今回は、そんな北野工房のまちにある3つのお店をピックアップして、見どころや楽しみ方を紹介します。

北野工房のまちとは?

北野工房のまちは、1996年に廃校となった神戸市立北野小学校を活用した体験型観光施設です。北野異人館街や南京町へも徒歩15分ほどで、神戸観光をするにもちょうどいい立地にあります。

館内では神戸スイーツや神戸牛、真珠、灘の日本酒、雑貨などを販売している専門店が並び、神戸土産を買うのにもおすすめのスポット! そのほか、常時60種類以上のものづくり体験ができる工房もあります。

1階にある元校長室の資料室では、北野小学校の歴史を紹介している

ものづくり体験を楽しめる工房が中心の2階フロア

階段の装飾やステンドガラスなど、館内にはレトロポイントが盛りだくさん! 絵になる撮影スポットがたくさんあるので、ぜひあちこち散策してみてください。

Information

北野工房のまち情報

住所 神戸市中央区中山手通3丁目17−1
アクセス 各線三宮駅・元町駅より徒歩約12分、シティ・ループ「8北野工房のまち」下車後すぐ
TEL 078-221-6868
営業時間 10:00〜18:00
定休日 不定休、年末年始
公式サイト https://kitanokoubou.jp/

皇蘭

そんな北野工房のまち内にある店の中に、南京町の西安門に本店を構える「皇蘭」もあります。こちらでは皇蘭名物の豚まんやシューマイが買えるのはもちろん、豚まんづくりの体験をすることも可能。

そこで、今回は好きな形の豚まんが作れる「オリジナル豚まんづくり」をレポートします!

材料は皮となる生地と中の具、トッピング用の生地の3種類

まず、生地を丸く伸ばす。外側は薄く、中央は少し厚めにしておくのがコツ

中の具を入れ、生地の端を対角線上に引っ張りながら包む

生地で具を包み終えたら、好きな形を整える

豚まんはどんな形にしてもオッケー! 見本用の写真も用意されているので、それを参考にしながら作るのもあり。

豚まんづくりはここまで。記念撮影もお忘れなく!

完成した豚まんは30分ほど発酵させたあと、蒸し器で蒸していきます。蒸し上がるまでの間は、ほかのお店で買い物をしたり、カフェで一休みするのもおすすめ。

出来上がった豚まんは、皇蘭のロゴ入りパッケージに入れて持ち帰ることができます。豚まんづくりは想像以上に楽しく、小さなお子さんから大人まで楽しめるイチオシの体験メニューです!

体験は電話かファックスで予約が必要。事前に公式サイトを確認しましょう。

Information

皇蘭情報

住所 神戸市中央区中山手通3丁目17−1(北野工房のまち内1階)
アクセス 各線三宮駅・元町駅より徒歩約12分、シティ・ループ「8北野工房のまち」下車後すぐ
TEL 078-221-1569
営業時間 10:00〜18:00
定休日 不定休、年末年始
公式サイト http://kouran.com/

神戸フランツ

続いて紹介する「神戸フランツ」は、神戸土産の定番である「神戸魔法の壷プリン」や「苺のトリュフ」を販売しているスイーツ店です。

神戸魔法の壷プリン(店舗提供写真より)

看板商品の「神戸魔法の壷プリン」は、なめらかで濃厚なカスタードプリンとクリーム、ほろ苦いカラメルソースの3層になっているのが特徴。パッケージには港町神戸らしいイカリマークが描かれており、まさに神戸土産にぴったりです。

また「神戸苺トリュフ」は、サクサク食感のフリーズドライのいちごをホワイトチョコレートでコーティングしたスイーツ。チョコの甘さと、いちごの甘酸っぱさの配分が絶妙で、クセになる味わいです。

スタッフさんによると、つまようじで一粒つまみ、温かい紅茶に少し溶かしながら食べれば、練乳の甘さといちごのフルーティさがより際立っておいしいとのこと。自宅で食べるときは、ぜひ試してみてください!

そのほか神戸ポートタワーや風見鶏の館など、神戸の人気観光スポットをイメージしたパッケージのチョコレートも。手土産にプレゼントすれば、かわいいデザインも相まってよろこばれること間違いなしです!

Information

神戸フランツ情報

住所 神戸市中央区中山手通3丁目17−1(北野工房のまち内1階)
アクセス 各線三宮駅・元町駅より徒歩約12分、シティ・ループ「8北野工房のまち」下車後すぐ
TEL 078-271-6556
営業時間 10:00〜18:00
定休日 北野工房のまちの休業日に準ずる
公式サイト https://www.frantz.jp/

神戸のおみやげ Good Things

最後に紹介するのは、「神戸のおみやげ Good Things」です。同店はオーナーの山下さんが「神戸の有名なモニュメント『BE KOBE』のお土産を作ってみたい」との思いから、オリジナルグッズの制作を開始したのが始まり。

店内には「BE KOBE」のロゴ消しゴムやステッカー、メモ帳などのオリジナルグッズのほか、神戸市内の会社が販売しているアイテムも並んでいます。

一番人気の「BE KOBE」のロゴ消しゴムは、旅先で撮りたい景色と一緒に並べて写真撮影をする人が多いのだそう。SNSには「#bekobe消しゴムアソビ」のタグもあるので、どんな風に活用されているか、ぜひチェックしてみてください。

北野エリアにある建物をモチーフにしたオリジナルグッズ

神戸のご当地キャラクター「コーベアー」のお土産も販売中

YUNYUNの「生パイナップルケーキ」(店舗提供写真より)

また雑貨以外では、南京町で行列ができる人気店「YUN YUN(ゆんゆん)」の生パイナップルケーキが人気。台湾名物の鳳梨酥をイメージしたYUNYUNオリジナルの焼き菓子で、濃厚なバターとパイナップルの風味、しっとりとした食感がたまらない一品。ぜひお土産にいかがでしょうか?そのほか、かつて世界の船乗りから「赤道を越えても腐らないおいしい水」として愛された布引渓流の水を浄化したミネラルウォーター「カウベ・ウオータア」も販売しています。

Information

神戸のおみやげ Good Things情報

住所 神戸市中央区中山手通3丁目17−1(北野工房のまち内1階)
アクセス 各線三宮駅・元町駅より徒歩約12分、シティ・ループ「8北野工房のまち」下車後すぐ
TEL 080-2525-3270
営業時間 10:00〜18:00
定休日 不定休 ※最新の情報は公式サイトをご覧ください
公式サイト https://kobeomiyagegt.stores.jp/

北野工房のまちには、今回紹介したお店以外にも見どころがたくさんあります。買い物に食事、ものづくりと一ヶ所で神戸をたっぷり楽しめるのも魅力のひとつ。旅の思い出になるような記念品づくりにも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【取材・文】 中田ゆりな
神戸在住のフリーランスライター。関西の観光、グルメを中心に企画・取材・編集を担当。企業インタビューや舞台撮影も手掛けている。これまで取材した神戸の観光スポットやホテル、店舗は200カ所以上。地元の魅力を発信したいという思いのもと、日頃から神戸の街を歩き、ネタ探しをするのが趣味。

神戸公式観光サイト Feel KOBE
神戸の観光スポットやイベント情報、コラム記事など「神戸旅がもっと楽しくなるコンテンツ」を発信しています。

 
ゲストオーサー
ライター:ゲストオーサー