ポートタワー・海洋博物館が連動して織りなす「光&音」の演出が始まるみたい。プロジェクションマッピングがリニューアル

ライター:ゆう

神戸ポートタワーと神戸海洋博物館が連動して織りなす「光と音」のエンターテインメントが始まります。

神戸ウォーターフロントアートプロジェクト第2弾

2022年4月29日(金)~2022年7月末
神戸ポートタワー・神戸海洋博物館


神戸市中央区波止場町2-2

今年1月から開催している「神戸ウォーターフロントアートプロジェクト」の第2弾。リニューアル工事中のポートタワーをキャンバスに「プロジェクションマッピング」が行われていました。

神戸ポートタワー『プロジェクションマッピング』が、2月5日(土)から「高さ80m」にパワーアップするみたい。てっぺんまでほぼ完全に覆われた状態に

2022.02.05

今回第2弾となり、神戸ポートタワーのプロジェクションマッピングが、新しいアート作品「Anchor」にリニューアルします。

「Anchor」はイカリ・支え・基点という意味。神戸を基点にした物語を描くんだそうです。

明治期にみなと街を支えた異人館・旧居留地や、鷺宮(さぎのみや)八幡神社にある樹齢800年の「鷺の森のケヤキ」、インフィオラータこうべがモチーフになっています。

神戸の街に「花」を敷きつめる『インフィオラータこうべ2022』が「3年ぶり」に開催されるみたい。元町・北野坂・北神戸

2022.04.21

投影期間
2022年4月29日(金)~2022年7月末予定

場所
神戸ポートタワー・神戸海洋博物館

演出時間
19:30~22:00の毎時00分・30分から
・ポートタワープロジェクションマッピング「Anchor」(約7分)
・ポートタワー・神戸海洋博物館 光と音の演出(約6分)
・計5種類の幕間映像(約6分×2回)
※上記タイムスケジュール以外の時間は、カラーライトアップになります(日没~23:30まで)

神戸ポートタワーのリニューアルが完成する2023年度まで、光と音のアートを楽しめそうですね。

神戸海洋博物館は3月に「LED照明」に変わって演出の幅が広がったみたいなので、どんな感じになるのか気になります。

「神戸海洋博物館」のライトアップ演出が『LED照明』に変わってる

2022.03.22

◆関連リンク
神戸ウォーターフロントアートプロジェクト – 公式サイト
神戸ウォーターフロントアートプロジェクト(@kobe_artproject) – 公式Instagram
神戸ウォーターフロントアートプロジェクト(@kobe_artproject)さん – 公式Twitter

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。