旧居留地にボックス型のベンチ『KOBEパークレット』といくつか『ベンチ』が設置されてる

ライター:カズマ

旧居留地にボックス型のベンチ『KOBEパークレット』と、普通のベンチがいくつか設置されています。いくつかありますが、これは、神戸市立博物館前にある『KOBEパークレット』です。

反対から見るとこんな感じ。歩道にあるちょっとした休憩スペースです。

神戸芸術工科大学のデザイン監修をもとに、設置されているそうで、旧居留地の街並みや既存の歩道舗装に合わせ、御影石の化粧板を添加した基礎や、落ち着いた雰囲気を醸しだす植栽を配して、「ガーデンテラス」をコンセプトにしています。

こちらは車道を向いたベンチ。歩道のほうを向いていても良かった気がしますが、車道向き。

こちらは歩道向きが一つ。

これまで、憩いや賑わい・ちょっとした休憩場所の創出を目的として、「ガーデンテラス」として『KOBEパークレット』や『ベンチ』を設置してきましたが、利用した人はいますか?

仕事の休憩タイムや、買い物で疲れた場合など、便利ですよね。カフェに入ってコーヒーを飲みまくらなくても良い座れるスペースはありがたい。

場所によっては、テーブルもあって、イヤホンを付けて受験勉強でもしてる風の若者もいたので、わりと便利なんじゃないでしょうか。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。