ついに「市役所2号館」の取り壊しが始まってる。壁面の「ミューラルアート」も見納めに

ライター:カオル

「市役所2号館」に仮囲いが設置され、取り壊しが工事がスタートしています。そろそろ、最後を彩ったアートともお別れです。


神戸市中央区加納町6-5

「市役所2号館」は、昭和32年に4代目の市役所本庁舎としてスタートし63年。震災で6階部分が押しつぶされても、耐震補強をして継続して利用をしてきた庁舎です。

昨年の暮れから、取り壊し工事用に白い仮囲いが設置され始めました。

今後工事が進めば、去年の夏に施された壁面の「ミューラルアート」もなくなります。

市役所壁面の『ミューラルアート』が描きあがってる。取り壊しまで、しばらくの間だけ

2020.08.26

アートの部分が取り壊しがいつかは分かりませんが、解体工事の期間が「今年10月末」までになっているので、そう長くはないはず。

アートまだ見てなかったなぁという人や、2号館に思い入れのある人、まもなく見納めなのでお早めに。

2号館の山側にあった「自転車置き場」は、仮囲いの外にズラして引き続き設置されてます。

ずらーっと並ぶ白い囲い。

前に「こうべ花時計」があった場所の工事が終了してた。ほぼ壁に囲まれた「クーリングタワー」に

2019.09.05

すぐ横のクーリングタワーの壁も、「ラグビーW杯のPR」や「ありがとうタンタンのメッセージボード」などいろいろ活用されてきているので、この壁もそのうち何かを貼ったり描いたりするかもしれません。

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。