【最新版】神戸に今年オープンした「ベーカリー」5選。東灘区~須磨区エリア

ライター:このみ

去年に引き続き「おうち時間」の充実がテーマとなった2021年。

神戸と言えばパン好きの人が多いですが、これまで以上に「いつもの朝食に美味しいパンを」と考えた人が多かったのではないでしょうか。

今回は2021年に新しくできた「ベーカリー」を5つご紹介していきます。

【東灘区】Anello Panini(アネーロパニーニ)

『Anello Panini(アネーロパニーニ)』は、JR甲南山手駅の海側、2号線沿いにある「パニーニ専門店」です。

無添加のオリジナルフォカッチャを使った、ひとつ1000円~のパニーニはテイクアウト・イートインどちらも楽しめます。

チーズやハムなど新しいトッピングなども続々と追加されているので、何度足を運んでも新しい味に出会えそう。月替わりのメニューもあります。

注文してから作り始めるので、「InstagramのDM」や「LINE」などから事前に注文もできるみたい。まとめての注文やテイクアウトの場合は活用するといいかもしれません。

パンの数に限りがあるので、売り切れ次第終了という感じ。「必ず今日食べたい!」という人は早めに行くことをお勧めします。

「もっと詳しい場所を知りたい!」という人は過去のオープン記事も参考にしてみてくださいね。

JR甲南山手駅の少し海側に『Anello Panini KOBE(アネーロ・パニーニ・コウベ)』ってパニーニ専門店がオープンしてる

2021.05.14



【東灘区】日々ケルン

『日々ケルン』は、JR摂津本山駅のすぐ海側にあります。神戸の老舗ベーカリー「ケルン」の新業態としてオープンしています。

「新業態」のポイントとしては、フードロスなどに配慮したサステナブル(持続可能な)ベーカリーをテーマとしているところ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ri-rie(@nomukko)がシェアした投稿

不揃いサイズの「不選別野菜」を使ったパンやも販売されています。不選別野菜を取り扱う「八百屋のタケシタ」の野菜コーナーも設けられていて、パンだけでなく「珍しい・お買い得な野菜」に出会えるのも楽しめるポイントになりそうですね。

「もっと詳しい場所を知りたい!」という人は過去のオープン記事も参考にしてみてくださいね。

「JR摂津本山駅」のすぐ海側に『日々ケルン』ってパン屋さんができてる。ベーカリー「ベッカーブルシュ」がリニューアル

2021.09.19



【中央区】麦秋至(むぎのときいたる)

『麦秋至(むぎのときいたる)』は「王子動物園」の西側にあります。

石臼で挽きたての小麦や全粒粉を使っているため、作れる数に限りがある様子。

最近はお店の外に、本物のパンで出来たランプが設置されていてさらに可愛らしい外観になっていますが、ランプが灯る時間まで営業できないほど、連日早めの完売が続いているようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

toto(@treatoto)がシェアした投稿

使う小麦やナッツ・ドライフルーツなどもオーガニックにこだわっています。からだにやさしい食材を使ったパンということで、ハード系がお好きな方は足を運んでみてもいいかもしれません。

「もっと詳しい場所を知りたい!」という人は過去のオープン記事も参考にしてみてくださいね。

「王子動物園」の西側にパン屋さん『麦秋至(むぎのときいたる)』ができるみたい。オーガニック小麦の「ハード系」が主役

2021.11.10



【長田区】9683 クロワッサンのお店

「9683 クロワッサンのお店」は、新長田駅すぐ鉄人の近くにあるクロワッサン専門店です。

テイクアウト専門ですが、「紅茶」も注文できるようで、パンとドリンクを持って通勤したり、気候のいい季節はそのまま外で食べることもできるベーカリーです。

店内にはいろんなクロワッサンが並んでいて、迷ってしまいます。甘いものからしょっぱい系・サンドイッチなどもあり、時間によって焼きあがりが違うので、何度か挑戦してお気に入りを見つけてみるのもいいですね。

「もっと詳しい場所を知りたい!」という人は過去のオープン記事も参考にしてみてくださいね。

新長田駅の近くに、クロワッサン専門店『9683』ができてる。甘い系、しょっぱい系、いろいろと

2021.11.20



【須磨区】林パン商店

『林パン商店』は、板宿本通商店街から車で6分くらいの住宅街の中にあるベーカリーです。現在は基本的に土日のみの営業になっています。

「ご飯のように毎日食べるパンを!」をテーマに商品展開をしているようで、ライサワーブレッドなど素材を活かしたパンが多い印象。もちろん菓子パンなどもあります。

週末に大きなパンを買って、1週間かけてゆっくり味わう新習慣をプラスしてみるのもいいかもしれませんね。

「もっと詳しい場所を知りたい!」という人は過去のオープン記事も参考にしてみてくださいね。

須磨区の山側、素材にこだわったライ麦パンのお店『林パン商店』ができてる。板宿本通商店街から車で6分

2021.06.24



いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「韓国料理」「開店/オープン」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。