「待機児童」解消に向けて、公園に保育所ができるみたい

ライター:カズマ

全国的に問題になっている待機児童ですが、神戸でも4月1日時点で、217人の待機児童がいるそうです。

去年より減っているものの、2019年10月から始まる「幼児教育・保育無償化」に向けて、対応を急いでいるといったところでしょうか。

神戸市では、保育所や認定こども園の整備、小規模保育事業の拡充などを行っていますが、「公園を活用した保育所の設置」について事業者の募集を開始しました。

対象となるのは、以下の3ヶ所。定員は、1ヶ所あたり原則30~40人を想定しているようです。

石屋川公園(東灘区御影石町3丁目)約500平方メートル

王子南公園(中央区大日通1丁目)約500平方メートル

生田川公園(中央区小野柄通1丁目)約500平方メートル

更新もありえるようですが、基本的には10年以内の設置が求められているので、プレハブ的な対応になるかと思われます。

業者が決定した後、令和2年(2020年)の開設というスケジュールです。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長