新港突堤の再開発エリアに、フェリシモ本社ビル『Stage Felissimo(ステージ・フェリシモ)』が完成してる。一般利用は「ホール」でのイベントから

ライター:カオル

再開発が進む「新港第1突堤」に作っていた通販大手『フェリシモ』の新しい本社ビルが完成。オフィスだけでなく、今後イベントなども催されていきます。


神戸市中央区新港町7-1

新本社ビル『ステージ・フェリシモ』があるのは、水族館の建設など再開発が進む「新港第1突堤」。奥にポートタワーが見えてますが、メリケンパークから海を挟んだ東側のエリアです。

角を右(山側)へ曲がってしばらく行くと「神戸市立博物館」などのある京町筋、左(海側)へ曲がると「みなと温泉 蓮」があるところ。

東隣は倉庫ですが、向かいは「BMW」のミュージアムやショールームが入る予定の「GLION(ジーライオン)グループ」本社ビルを作ってます。

少し行くと「神戸税関」や「KIITO」があるあたり。

2021年1月8日に完成して、10日後から本社として使われ始めたそう。

一般利用のできるエリアもでき、今年9月には「FELISSIMO CHOCOLATE MUSEUM(フェリシモ チョコレートミュージアム)」の開館が予定されてます。

「チョコのパッケージ」を寄贈すると、来年秋オープン予定の『フェリシモ チョコレートミュージアム』の発表会に無料招待されるそう

2020.11.13

こちらは一般の人が入れるようになる「1階ホール」。

フェリシモは毎月、各界で活躍しているゲストを招いた「神戸学校」というイベントを開催していて、このホールもその会場として使われるそう。

こけら落としとなる1月23日(土)は、能楽師:十世 片山九郎右衛門さんを招いて舞のデモンストレーション「獅子」の特別披露とともに華やかにスタートするそうです。

海側には、デッキのようなスペースもあり、散歩がてらにも利用できるようになるのかもしれません。

神戸港にできる水族館が「2021年秋頃」開業予定。名称は『神戸ポートミュージアム』になったみたい

2020.10.17

『フェリシモ』の横に建設中の水族館「神戸ポートミュージアム」も、前より高くなってきてます。

「地上4階」の計画なので、だいぶ外枠が立ちあがってきた感じかなと。

開業予定は「2021年秋頃」なので、これからどんどん様子が変わっていくものと思われます。

夜になると、こんな感じになるそうです。8階のロゴサイン部分は「KOBEライトアップDAY」と連携して色が変わったりするみたい。

ポートタワーなども見えますし、開発がますます進んで人の流れができれば、デートスポットになったりするのかもしれません。

◆関連リンク
フェリシモ – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。