特別展『ハリー・ポッターと魔法の歴史』が兵庫県立美術館で開催されるみたい

ライター:ナオコ

『ハリー・ポッターと賢者の石』の出版20周年を記念して「ハリー・ポッター」の特別展が、神戸にやってきます。

特別展 ハリー・ポッターと魔法の歴史

2020年9月5日(土)~11月8日(日)
兵庫県立美術館


神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

展覧会では、作者J.K.ローリングの直筆原稿やスケッチに加え、ハリー・ポッターが学んだホグワーツ魔法学校のカリキュラムに沿って、薬学、錬金術、天文学、想像上の生き物などにまつわる貴重な資料がロンドン・大英図書館のコレクションからやってくるようです。

ハリー・ポッターシリーズ第1巻のタイトルにもなっている「賢者の石」は、どんな金属も金に変えうるといういわば「錬金術」を可能にするモノですが、その賢者の石の作り方が記された巻物や、錬金術に関して書かれた書籍の展示もあるようです。

ハリー・ポッターになったつもりで魔法のイロハを学びましょう。

◆関連リンク
ハリー・ポッターと魔法の歴史展 – 公式サイト
兵庫県立美術館 – 公式サイト

ナオコ
ライター:ナオコ
ナッツの入ったハード系パンやクロワッサンに目がないです
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。