『神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会』の新しい開催日程が「2024年」に決定したみたい

2022年8月に開催予定だった「神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会」の新しい開催日程が、2024年5月に決定しました。

神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会

2024年5月17日(金)~25日(土)
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場


神戸市須磨区緑台

開催日程の決定とともに、大会組織委員会会⾧と世界パラ陸上競技連盟(WPA)代表代理のコメントも発表されていますので、ご紹介します。


神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会
会⾧増田明美
お待たせしました。神戸世界パラ陸上、いよいよ日程が決まりました!
世界のすごい選手達が、国際都市神戸に集まりますよ。ユニバー記念競技場で、東京パラリンピックで活躍した選手や3カ月後のパリパラリンピックのヒーロー・ヒロインに会えるでしょう。
コロナ禍が収束し、世界中から選手、メディア、観客が訪れることを願っています。そして世界のみなさんに、神戸ビーフ、美味しいお菓子、有馬温泉などを堪能して頂きたい。延期になった分、これから2年かけて、国際都市神戸のインクルーシブな街の魅力をどんどん広めいきます。みんなで盛り上げていきましょう。


世界パラ陸上競技連盟(WPA)代表代理
国際パラリンピック委員会(IPC)
ワールド・パラスポーツ・マネージングディレクター
クリスチャン・ホルツ
パリ2024パラリンピック競技会までのサイクルの中で世界選手権を維持するため、神戸世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会と密接に連携し、調整を進めてきました。本大会は、日本初開催であり、東京2020大会の重要なレガシーイベントとなるため、スポーツ界にとって重要なマイルストーンとなります。

開催日程
2024年5月17日(金)~25日(土)

競技会場(変更なし)
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

参加人数(変更なし)
約100か国より選手約1,300人(うち約400人は車いす利用者)

開催延期が続いていた本大会。無事に開催されることを願っています。

◆関連リンク
JPA日本パラ陸上競技連盟 – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。