神戸阪急でアフリカン現代アート『ティンガティンガ原画展』2/17-3/2 公開制作やワークショップも。入場無料

ライター:エミ

100点以上の原画が展示販売される、アフリカンアートの原画展が開かれます。公開制作やワークショップもあるそう。

アフリカン現代アート ティンガティンガ原画展

2021年2月17日(水)~3月2日(火)10:00~20:00 ※最終日は18:00閉場
神戸阪急 本館8階 特設会場


神戸市中央区小野柄通8-1-8

サバンナの自然や人々の暮らしを「6色」のペンキを使って描く、タンザニア発祥の現代アート「ティンガティンガ」。

このイベントでは、100点以上の原画が展示販売されます。現地のアーティストが来日し、「公開制作」も行うそう。

公開制作
【日時】会期中13:00~18:00

「クレヨン」でティンガティンガ制作ができるワークショップも開催。ティンガティンガ独特の色の使い方を体験できると思います。

ワークショップ ティンガティンガを描こう!
【日時】2月20日(土)21(日)23日(火/祝)13:00~16:00
【所要時間】30分程度
【定員】各日15名 (随時参加型)
【参加費】550円(税込) ※材料費込
※当日予約可能

また、アフリカ直輸入の布やコーヒー、アクセサリーなどの「アフリカンマーケット」もあるそう。

「海外土産」みたいな感じもあって、コロナ禍の塞いだ気分をちょっと上げてくれるかもしれません。

◆関連リンク
アフリカフェ@バラカ – 公式サイト
神戸阪急 – 公式サイト

エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。