続々オープン!神戸の『うなぎ屋さん』10選。リーズナブルなお店・地元民に愛される老舗店もご紹介

今年、神戸に『うなぎ屋さん』が、続々とオープンしているのをご存知ですか?

今回は、神戸に新しくできたニューオープンの『うなぎ屋さん』と、地元民に愛される三宮・元町の『うなぎ屋さん』をあわせてご紹介します。なかにはお手頃価格のお店も!

夏バテ対策にもいいと言われる「うなぎ」。これからやってくる暑い夏にむけて、ぜひチェックにしてみてくださいね。

Index

▶ニューオープン

【三宮】うなぎ四代目菊川
【三宮】鰻 源内
【三宮・灘区・東灘区・北区】鰻の成瀬
【岩屋】うなぎの藤
【岡本】うな昌

▶地元民に愛される「うなぎ専門店」

【三宮】みなと
【三宮】青葉 三宮店
【元町】うなぎ 横丁
【元町】うな重
【元町】青柳

ニューオープン

【三宮】うなぎ四代目菊川

『うなぎ四代目菊川』は、2024年4月末に新しくオープンしたお店で、JR三ノ宮駅から山側に6分ほど歩いたところにあります。

もともと、うなぎの卸業者として長年やってきたお店が約8年前に立ち上げたのが『うなぎ四代目菊川』なんだそうです。

店内はカウンター席とテーブル席があって、ガラス越しに厨房が見えるライブキッチンのスタイルになってます。

実際にうなぎが焼かれている様子が見えると、食べる楽しみが増しそうですね。


画像:公式サイトより

名物は細長い江戸から続く窯元で作った器に、どかんと丸ごと1本のっている「一本うなぎ」。

「一本重(5,280円)」や「一本ひつまぶし(5,480円)」のほか、タレ使わずより香ばしさが楽しめる「白焼一本定(5,280円)」などが主なメニューです。

3種類とも漬物と副菜・肝吸いがついた定食スタイルで、ボリュームもしっかりありますよ。

実際に『うなぎ四代目菊川』に行って、三宮の街をぶらり散歩している記事もあるので、ぜひ見てみてください。

食べ応え抜群の『1本うなぎ』を堪能! レトロ喫茶&切り絵御朱印など、三宮で「神戸さんぽ」を楽しむ

2024年4月25日

注目のおすすめポイント

うなぎが焼き上げられる様子が見えるライブキッチン
どかんと丸ごと1本のっている「一本うなぎ」

住所
神戸市中央区加納町4-8-17 MAP

営業時間
12:00~15:00/17:00~22:00

定休日
不定休

◆関連リンク
うなぎ四代目菊川 – 公式サイト

【三宮】鰻 源内

『鰻 源内』は、2024年3月に、JR三ノ宮駅の山側すぐのところにオープンしたお店です。

角に「にしむら珈琲店」がある、レンガ色の建物「グリーンシャポービル」の地下1階に入っています。詳しい場所は過去記事もあわせてご覧ください。

JR三ノ宮駅近くに『鰻 源内』ってうなぎ専門店ができてる。「うな重」1700円から。オープン記念で「200円引き」も

2024年3月8日

高級イメージのあるうなぎをリーズナブルな価格で提供するうなぎ専門店で、うなぎは関東風にふっくら蒸し焼きに、タレは大阪唯一の老舗醤油蔵の醤油を使っているそうです。

メニューは、うな重 並(半身)が1,700円、上(4分の3)が2,300円、特上(1匹)が2,900円、極上(1匹半)が3,900円。そのほか「ネバネバ野菜のうな重/2,100円」なんてのもありますよ。

注目のおすすめポイント

JR三ノ宮駅から徒歩1分と駅チカ
リーズナブルな価格

住所
神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル B1階 MAP

営業時間
11:00~15:00

定休日
日曜日

◆関連リンク
鰻 源内 三宮店 – 公式Instagram
鰻 源内 三宮店 – 食べログ

【三宮・灘区・東灘区・北区】鰻の成瀬

『鰻の成瀬』は、ここ最近全国的に新店舗がオープンしているお店で、神戸だと三宮のセンタープラザ西館、六甲道、甲南、北区のグリーンガーデンモールの4店舗があります。

センタープラザ西館の地下1階に『鰻の成瀬』ってお店ができてる。1600円の「うな重」

2024年3月19日

JR六甲道駅ちかくに『鰻の成瀬』ができてる。国道2号線沿い、リーズナブルな「うな重」が食べられるお店

2024年5月14日

JR摂津本山駅から12分のところに『鰻の成瀬』ってお店ができるみたい。「うな重」1600円から

2024年3月24日

北区・グリーンガーデンモール内に『鰻の成瀬』ってお店ができてる。「うな重」1600円から

2024年1月14日


画像:公式サイトより

うな重【梅 1,600円 / 竹 2,200円 / 松 2,600円】と、リーズナブルな価格設定が特徴で、外は香ばしく焼き上げ、中身はフワッとした仕上がりになっているんだそう。

瓶ビール・冷酒などアルコールも用意されています。テイクアウトもあって、各店舗ごとにフォームで予約できる仕組みです。

注目のおすすめポイント

中央区、灘区、東灘区、北区で食べられる
リーズナブルな価格

住所
【三宮店】中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館地下1階A-19 MAP
【六甲道店】神戸市灘区桜口町3-1-15 パニエ六甲1F MAP
【神戸甲南店】神戸市東灘区甲南町3-9-18 MAP
【神戸店】神戸市北区八多町中1150 グリーンガーデンモール北神戸内 MAP

営業時間
【三宮店】11:00~14:00/17:00~20:00
【六甲道店】11:00~14:00/17:00~20:00
【神戸甲南店】11:00~14:00/17:00~20:00
【神戸店】11:30~14:00/17:00~19:00

定休日
なし

◆関連リンク
鰻の成瀬 – 公式サイト

【岩屋】うなぎの藤

『うなぎの藤』は、阪神 岩屋駅から東側に4分ほど歩いたところに、2024年3月15日(金)にオープンしたうなぎ専門店です。

阪神 岩屋駅の東側に『うなぎの藤』って鰻専門店ができてる。1300円の「うなぎ御前」も

2024年3月31日

店内はカウンター席が5席ほどで、こじんまりとした雰囲気。カウンター前が厨房なので、焼いているときのうなぎの香りも楽しめそうですよ。


画像:公式Instagramより

王道の「うな重(半身 1,500円/一尾 2,500円)」や「まぶし鰻重(ひつまぶし)」のほか、近々スタートと紹介されている「いくらトロロ鰻重」「炙り牛トロ鰻重」といった変わり種も。

1日限定10尾のみで売り切れている日も多いみたいなので、早めの時間に行くのがいいかもしれませんね。

テイクアウトも用意されていて、近くに住んでいる方は配達もしてくれるそうです。

注目のおすすめポイント

いくらトロロ・炙り牛トロなど変わり種も
お店の近くだと配達もしてくれる

住所
神戸市灘区岩屋北町2-2-12 MAP

営業時間
11:30〜14:00

定休日
なし

◆関連リンク
うなぎの藤 – 公式Instagram

【岡本】うな昌

JR摂津本山駅から海側に歩いて10分ほどのところに、2024年2月にオープンしたのが『うな昌(うなまさ)』。

「十二間道路」沿いで、もともと「ほっかほっか亭」があったところです。詳しい場所は過去記事もあわせてご覧ください。

JR摂津本山駅の海側に『うな昌』って「うなぎ専門店」ができてる。焼き立てをテイクアウトも

2024年3月20日

店内は、木を基調に間接照明が設置されていて、落ち着いた雰囲気。カウンター席7席と4人掛けテーブル席3つの計19席です。


画像:公式Instagramより

国産うなぎが食べられるお店で、表面は香ばしく、身はふわふわ、皮はパリパリ。深みがあって重すぎない、ほどよい甘さのタレを使っているそうです。

「うな重」と「ひつまぶし」は吸物・小鉢2品・漬物付きで、そのほか、うなぎの棒寿司・白焼き・うざく・う巻きなどの単品メニューも揃っています。

ドリンクには、ビールやハイボール、日本酒、焼酎などアルコール類も豊富にあるので、お酒と一緒に楽しみたい方にもいいかもしれません。

テイクアウトもあるので、家でゆっくり楽しみたいという方や、家族へのお土産などにもいかがでしょうか。

注目のおすすめポイント

国産うなぎが食べられる
ビールや日本酒などアルコール類が豊富

住所
神戸市東灘区甲南町3-7-27 MAP

営業時間
11:30~14:30/17:30~21:00

◆関連リンク
うな昌 – 公式Instagram
うな昌 – 食べログ

地元民に愛される「うなぎ専門店」

【三宮】みなと


画像:Instagram(@r_o_m_63)より

『みなと』は、阪急 神戸三宮駅の西改札口から山側に歩いて3分ほどのところ、東門街にあります。

開店前にはお客さんが、お店の前に並んでいることもある人気店です。

店内も昔ながらの雰囲気で、カウンター席と座敷の席のほか、個室も奥にあります。


画像:Instagram(@im_tkaf2)より

『みなと』は江戸前うなぎで、ふわとろなのが特徴。メニューは「うな重(5,000円)」や「うな丼(3,300円)」などのほか、うなぎのコース料理もあります。

ランチでは「お昼のサービス定食」が用意されていて、肝吸い・つけもの・小鉢がついた「うな丼」が2,900円。「うまき定食」も1,680円とお得な値段でいただけます。

電話で予約もできるみたいなので、事前に予約できる方はしておいたほうがいいかもしれませんね。

注目のおすすめポイント

江戸前うなぎで「ふわとろ」
ランチタイムがお得

住所
神戸市中央区中山手通1-4-11 MAP

営業時間
12:00~14:00/17:00~21:00

定休日
日曜日・第3月曜日

【三宮】青葉 三宮店


画像:Instagram(@mokano9)より

『青葉 三宮店』は、阪急 神戸三宮駅の西改札口から西側に歩いて4分ほどのところにあるうなぎ専門店です。

三宮の繁華街で変わらず営業している神戸の老舗店で、金色の文字で書かれた看板や、赤い暖簾からも雰囲気が感じられます。


画像:Instagram(@_0141gram)より

うなぎは身がやわらかくてふわふわで、メニューは「うな重(3,800円)」「ひつまぶし(3,900円)」「かば焼き(3,800円)」「白焼き(3,800円)」など。

うな丼に、煮物やお造り、ごま豆腐などがセットになった「ひょうたん弁当(4,000円)」なんてメニューもあります。

食べ応えもしっかりあるそう。追いタレもできるみたいなので、たっぷりのタレで食べるのが好きな方にもおすすめです。

注目のおすすめポイント

身がやわらかくて、ふわふわな鰻
王道の『うな重』『ひつまぶし』以外のメニューも

住所
神戸市中央区北長狭通2-8-5 MAP

営業時間
11:30~14:30/17:00~21:00

定休日
水曜日

【元町】うなぎ 横丁


画像:Instagram(@ chirasix)より

『うなぎ 横丁』は、元町駅から海側に歩いて4分ほどのところ、元町商店街と中華街の間にある「うなぎ専門店」です。

店内は落ち着く和の雰囲気で、テーブルの上には季節の花が置かれていることも。カウンター・テーブル・座敷で計80席ほどと広めのつくりになってます。

こちらも老舗のうなぎ屋さんで、外観からも雰囲気が漂っていますよね。看板の字も特徴的で、近くを通るときにチェックしていた方も多いんじゃないでしょうか。


画像:Instagram(@a.k.mogu)より

メニューは「蒲焼定食(3,700円)」「うな重(3,700円)」「うな丼(3,100円)」の3種類。うなぎはふわふわで香ばしいそうです。

そのほか、焼き鳥丼やのり茶漬け、うまき・うざくなどの一品料理なども用意されています。

生ビールや冷酒、焼酎などアルコールもあって、お昼からビールと一緒にうなぎを楽しんでいる方もいるみたいですよ。

注目のおすすめポイント

店内は広めで落ち着いた雰囲気
生ビールと一緒にうなぎが楽しめる

住所
神戸市中央区元町通1-6-17 MAP

営業時間
11:00~20:00

定休日
日曜日

【元町】うな重


画像:Instagram(@ katsuhikoakimune)より

『うな重』は、元町駅の西口から海側に歩いて2分ほど、元町商店街から海側に少し入ったところにあります。

店内は座敷の席とテーブル席で、こじんまりとした雰囲気。平日でも並ぶことの多い人気店です。


画像:Instagram(@kou_naka_21)より

メニューは「鰻丼 吸物付(2,100円)」や「蒲焼定食(3,700円)」「うな重 吸物付(3,800円)」など。

そのほか、「鯉あらい」「きも焼」「うまき」「うざく」「骨センベイ」といった単品メニューも用意されています。

皮がぱりっとしていて関西風なんだとか。1,400円の「鰻丼(小)」もあるので、少食な方やお子さんも行きやすいかもしれませんね。

注目のおすすめポイント

鰻丼は小~特上まで4段階で選べる
皮がぱりっとした関西風

住所
神戸市中央区元町通2-5-14 MAP

営業時間
11:00~19:00

定休日
月曜日

【元町】青柳

元町駅の西口から西側に3分ほど歩いたところにある『青柳(アオヤギ)』は、74年以上続くうなぎ専門店です。

親子3代続く老舗店で、関西風の香ばしく・ふっくらとした鰻が楽しめます。

店内は、カウンター席と4人掛けのテーブルが2つあり、木彫りのライトや年期の入った暖簾から老舗の落ち着きを感じます。

2階には座敷もあって、ふすまを外すと広々とした和室になって家族で集まっての食事にもよく使われるんだとか。

ランチメニューがお得なんだそうで、「うなぎ定食」が1,980円、「うなぎ丼」が1,760円、「う巻き定食」が1,980円。吸物・香物などが付いてきます。

単品メニューで人気な「白焼き」は、ミョウガ・シソ・すだちといった薬味と一緒に、うなぎ本来の旨味が感じられますよ。

実際に『青柳』にお邪魔した記事もあるので、気になる方はぜひ見てみてくださいね。

知らなきゃ損!今が旬の「鰻」が1600円から楽しめる。お得なランチメニューや夜限定の「裏メニュー」など 。『青柳』~神戸・元町~

2022年11月3日

注目のおすすめポイント

74年以上続く老舗のうなぎ専門店
ミョウガ・シソ・すだちと食べる「白焼き」も

住所
神戸市中央区元町通3-11-14  MAP

営業時間
11:00~14:00/17:00~20:00

定休日
月曜日


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「海鮮(海鮮料理)」「丼(どんぶり)」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 

この記事を書いた人

神戸ジャーナル編集部

ライター一覧

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。