地元で長く愛される、神戸の老舗パン屋さん 自慢の逸品  Feel KOBE

ライター:ゲストオーサー

「パンの街」とも呼ばれる神戸。

神戸のパン文化は150年以上前の1868年の神戸港開港から、旧居留地に住む外国人へのベーカリーショップとして始まりました。

その後さまざまな発展を遂げ、今やパンは神戸市民の生活には欠かせない存在です。 神戸は1世帯当たりのパンの購入金額が全国1位を誇ることも、神戸の地にパン文化が深く根付いていることの証拠。

今回はそんな神戸を代表する老舗のパン屋で、長く愛されている自慢の逸品をご紹介します。

見た目と味で2倍楽しめる!イスズベーカリー「トレロン」

トレロン 1本670円 1/2本 335円

フランス語で「とても長い」を意味するイスズベーカリーの「トレロン」。

超ロングな粗挽きソーセージと粒マスタードをフランスパン生地で包んで焼き上げたパンで、その長さは約70センチ!見た目のインパクトが目を惹きます。

フランスパンと粗挽きウィンナーの旨みが絶妙にマッチし、マスタードの風味がほどよいアクセントに。ウィンナーは肉の調合、油の量、燻製具合にもこだわったトレロンのためのオリジナルです。

そのままでも十分おいしいのですが、表面がカリッとするまで焼くとさらに香ばしさが増します。

1年間に約10万本売れるトレロンですが、実は一番人気なのは、ハーフサイズを6等分したものだそう。カットされたものだと食べやすく、持ち帰りやすいですね。

1946年に創業のイスズベーカリーは「暮らしの中で、永く愛されるパンを食卓にお届けしたい」という信念のもと、手間を惜しまぬ手作り製造にこだわっています。現在展開中の4店舗すべてに厨房施設を完備し、焼きたてのパンをすぐに楽しめるのもそのこだわりのあらわれ。

さらに毎月6〜7種類ほど新商品が発売されるので、いつ行っても新しい発見が。

2022年1月にオープンした阪神スクラ三宮店は駅に近く、地下なので雨の心配もいりません。イスズベーカリー、ますます神戸っ子に身近な存在となりそうです。

Information

イスズベーカリー 本店

住所 神戸市中央区布引町2-1-4
アクセス 三ノ宮駅(JR)から徒歩8分
TEL 078-222-4180
営業時間 8:00~20:00

発売してから48年、ずっと変わらぬ味。ケルン「チョコッペ」

チョコッペ 180円

ソフトフランスにミルクチョコをサンドしたチョコッペは発売開始から50年近く不動の人気No1商品。累計販売数はなんと2,000万本以上です。

かわいらしい名前や紙を巻かれたフォルムも発売当時から全く変わらず、親子3代にわたりチョコッペを愛食している、なんて神戸っ子もたくさんいます。

気がつくとついつい手にしてしまう定番のパンです。

中にはチョコレートクリームがたっぷり

甘さ具合が絶妙のミルクチョコはチョコッペのためのオリジナル配合。「外側サクッと中はもっちり」の食感が大人にも子どもにも喜ばれる理由のひとつです。

トースターでチョコが溶ける程度に温めると、パンのサクサク感が際立ってさらにおいしくいただけます。

神戸市内に8店舗を展開中のケルンは1946年の創業以来、地元から愛され続けるパン屋を目指しています。

また、生活に密接した「食」を取り扱う会社だからこそできる、新たな取り組みも始めました。不選別野菜を使用するサステナブルベーカリー「日々ケルン」や、売れ残ったパンを活用する「ツナグパン」など肩肘張らずに社会貢献できる方法を提案しています。

美味しいパンをいただきながらフードロス削減にもつながる、消費者にも生産者にもうれしい取り組みの今後が期待されます。

Information

KÖLN 御影本店

住所 神戸市東灘区御影中町1丁目6-8
アクセス 阪神御影駅より徒歩1分
TEL 078-851-7651
営業時間 8:00〜20:30(当面は月〜金は8:00〜20:30土・日・祝は9:00〜20:00で営業)

粒あんと食パンの絶妙なハーモニーがやみつきに!トミーズ「あん食」

あん食750円 (現在の価格は撮影時と異なります)

和風の粒あんと生クリームが入ったクリーミーな食パンが融合したあん食は、トミーズの看板商品。

北海道産の小豆をふんだんに使い、日本人好みの味に仕上げられているので、お年寄りから子どもまで幅広い年齢層から愛されています。

あん食でまず驚くのが、その重量感。1.5斤で1キロほどあり、あんこがぎっしり入っていることが実感できます。

買った初日は焼かずにそのまま食べてみて。食パン部分のふんわりクリーミーな味わいを楽しむことができます。2日目以降はバターをのせて焼いて食べるのがおすすめ。食パン部分がサクッとし、違った食感が楽しめます。

抹茶あん食 750円 (現在の価格は撮影時と異なります)

甘いのが苦手だという方には「抹茶あん食」を。あん食に丹波の黒豆と抹茶が加わり、甘すぎず苦すぎず大人な味わいです。

1977年創業のトミーズは神戸市内に4店舗展開しています。アットホームな雰囲気でお客様とスタッフの距離が近い接客が評判です。

看板商品のあん食以外にも惣菜パンやケーキ、サンドイッチもおいしい上に、リーズナブル。朝早くから、通学や通勤前のお客さんで賑わっています。

Information

トミーズ 魚崎本店

住所 神戸市東灘区魚崎南町4-2-46
アクセス ホームセンターコーナン魚崎店から東に100m
TEL 078-451-7633
営業時間 6:30 〜18:00

懐かしさを感じる昔ながらやさしい味 麦酵舎はらだ「シャーベットクリーム」

シャーベットクリーム 125円

真ん中の赤いチェリー形のゼリーがポイントのシャーベットクリームは、どこか懐かしさを感じる原田パンのロングセラー商品です。

ふんわりした柔らかなパンに昔ながらのバタークリームがたっぷり。ほんのり甘さを感じるパンにバタークリームのまろやかなコクが引き立ちます。

バタークリームたっぷりのまろやかな甘さ

昔ながらのチェリー形のゼリーは最近ではなかなか手に入らず、大阪の業者から直接取り寄せるほどのこだわりの品。食べるとなんだかほっこりした気持ちになるのがシャーベットクリームの魅力です。

1946年創業の原田パンは小学校の給食のパンを60年以上作っており、名実ともに地元の人たちの胃袋を支える老舗店。3代続けて原田のパンを食べているなんて人も珍しくはありません。

全国的にもめずらしい当日焼きの給食のパンのおいしさはずっと記憶に残り、大人になってから店に足を運ぶ人も多いそう。「おいしくて安くてボリュームたっぷり」がモットーの原田パンはますます地元の人に愛される身近な存在のパン屋さんであり続けます。

Information

原田パン 本店

住所 神戸市長田区六番町7丁目2番地
アクセス 高速長田駅・市営地下鉄長田駅から北へ200m 長田神社前商店街東
TEL 078-577-2255
営業時間 7:30〜20:00

地元の神戸っ子にとってパンは「よそ行きのもの」ではなく、日常生活のなかにある「当たり前のもの」。舌の肥えた神戸っ子に愛される老舗のお店のパンはどれも個性的で絶品です。

もしまだ食べたことのないものがあれば、ぜひそのおいしさを味わってください。

【文】鶴野ふみ
姫路市出身の神戸市在住。 普段は会社員として勤務しつつライターとして活動しています。
書くことを通じてのたくさんの人やものとの出会いを大切にしたいです。 散歩が好きで新しいものを発見するとついつい誰かに教えたくなる性格。 最近のお気に入りはスパイスカレーと喫茶店のモーニング巡り。左利き。

神戸公式観光サイト Feel KOBE
神戸の観光スポットやイベント情報、コラム記事など「神戸旅がもっと楽しくなるコンテンツ」を発信しています。

 
ゲストオーサー
ライター:ゲストオーサー

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    3店舗ともに日常買いできる値段で、よく分かっていらっしゃるというラインナップですね^_^

    2022年6月17日5:19 AM 返信する