食欲の秋!新米の季節に、神戸で「お米」がおいしいお店 9選 ~三宮・元町~

ライター:ふうか

このごろ涼しくなってきて、一気に秋らしい気候になりましたね。

秋といえば?食欲の秋です!

その中でも日本人の心「お米」は、大体9~10月に『新米』の季節を迎えます。

今回は、食欲の秋!お米がおいしいお店を、テイクアウト専門店・居酒屋・和食ランチなど幅広くご紹介します。

Index
【三宮】ご飯屋 おむすび
【三宮】ごはんや 一芯
【三宮】おむすび俵
【三宮】おむすびや
【三宮】茶漬け 分福
【西元町】五穀豊穣 米処 穂
【花隈】あおい屋
【花隈】こふじ
【神戸駅】森下米穀店

【三宮】ご飯屋 おむすび

北野坂にある『ご飯屋 おむすび』は、「冷めてもおいしい」お米を毎日土鍋で炊き上げる和食居酒屋です。

「極良食味品種」でコシヒカリに似た食感をもつ、石川県の「どんとこい」というお米をメインに使用しているそう。

9月~11月「新米」の季節には、色々な種類の新米を楽しめるイベントが実施されます。

新米は西の方から東に向かうそうで、9月の第一弾は「徳島県のコシヒカリ」が提供されるみたいです。

夜遅くまで営業しているので、呑んだあとに「おむすび」で〆るというのもいいですね。

住所
神戸市中央区中山手通1-8-1 MAP

営業時間
18:00~26:00

定休日
日曜日(祝前日は除く)

◆関連リンク
ご飯屋 おむすび – 公式サイト

【三宮】ごはんや 一芯


画像:公式Instagramより

JR三ノ宮駅の東口からすぐのところにある『ごはんや 一芯』は、「羽釜」で炊き上げた季節ごとのお米を楽しめるお店です。

ランチの献立に合うもの/夜の肴・お酒と相性の良いものと、お米の種類を使い分けているんだとか。

鳥取県産「きぬむすめ」をメインに使用しているそうで、粘り強く柔らかな食感が楽しめます。

季節の料理が楽しめる夜営業では、ご飯が「おひつ」で提供されるのも楽しみのひとつ。

店内はシックでおしゃれな雰囲気なので、和食デートにもぴったりですよ。

住所
神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 MAP

営業時間
11:30〜14:30(Lo.14:00)/17:30~23:00(Lo.22:00)

定休日
不定休

◆関連リンク
ごはんや一芯 神戸店 – 公式Instagram

【三宮】おむすび俵


画像:公式Instagramより

阪急 神戸三宮駅の西口近くにある『おむすび俵』は、季節料理・お酒・おむすびを楽しめるお店です。

看板メニュー「おむすび」には、天日干しした兵庫県新温泉町のお米を使用。

定番はもちろん、鮭と山椒の「神戸っ子」や牛肉とチーズの「身内」など、変わり種メニューも含め「50種類以上」が用意されているんだとか。

シメには「おむすび」と「お味噌汁」のセットが人気のようです。

カウンター席のほか「掘りごたつ席」もあるみたいなので、のんびり1軒目からシメの2件目にも使えそうですね。

住所
神戸市中央区北長狭通2-1-1 MAP

営業時間
17:00〜23:30(日曜は22:30まで)

定休日
月曜日

◆関連リンク
おむすび俵 – 公式Instagram

【三宮】おむすびや


画像:公式Instagramより

北野坂にある『おむすびや』は、厳選したお米をひとつひとつ手作りで握る「おむすび」の専門店です。

山形県の「ゆうだい21」というお米を使用していて、もっちり食感・強い甘みを楽しめるそう。

定番「紅鮭」や「天ぷらおむすび」「肉味噌入り焼きおむすび」などをテイクアウトで購入できます。

太巻きのような「天むす」は食べやすいようにカットもしてもらえるので、手土産にもいいかもしれませんね。

住所
神戸市中央区加納町4-8-9 MAP

営業時間
月~土 11:00~25:30/日祝 11:00~18:30

定休日
不定休

◆関連リンク
おむすびや 神戸三宮本店 – 公式Instagram

【三宮】茶漬け 分福


画像:公式Instagramより

磯上公園の近くにある『茶漬け 分福』は、お茶・ごはん・お漬物など楽しめる、和食メインのお店です。

だし巻き定食・お茶漬け定食など、「土鍋」で炊いたご飯を味わうことができます。

日によって異なる産地のお米を、「古式精米製法」で精米して使用しているそう。

土鍋炊きの「おむすび」は、1個200円で販売されています。

「わらびもち」や「豆寒天」など素朴なデザートも提供されているので、のんびり和食ランチにおすすめですよ。

住所
神戸市中央区磯上通6-1-9 MAP

営業時間
11:00〜15:00(LO 14:30)

定休日
不定休

◆関連リンク
分福 – 公式Instagram

【西元町】五穀豊穣 米処 穂


画像:Instagram(@yu.kari_k)より

西元町駅とみなと元町駅のちょうど間ぐらいにある『五穀豊穣 米処 穂』は、おにぎり専門店&和カフェです。

用意されているおにぎりは、週替わりのお米・玄米が選べて約17種類。

おにぎり2個+お惣菜などがセットになったお弁当や、季節の汁ものなどもあり、ほとんどすべてのメニューをテイクアウトすることができます。

その場で精米したお米の販売もしているみたい。

おにぎりはひとつずつプラスチックケースに入れられているので、サッと購入して外ランチにもいいんじゃないでしょうか。

住所
神戸市中央区元町通5-2-8 MAP

営業時間
11:00~18:00

定休日
土・日曜日

◆関連リンク
米処 穂(みのり) – 公式Instagram

【花隈】あおい屋


画像:公式Instagramより

地下鉄 みなと元町駅のすぐ近くにある『あおい屋』は、野菜と玄米ご飯が楽しめるお店です。

ちょっと珍しい、炊いてから寝かせる「寝かせ玄米」を味わうことができます。

もちもち感・甘み・旨み・香ばしさがアップしていて、ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているそう。

野菜たっぷりの「あおい定食」が提供されていて、お弁当としてテイクアウトすることもできます。

ちょっと珍しいご飯が食べてみたい、とにかく身体に優しいご飯が食べたい、という人におすすめですよ。

住所
神戸市中央区元町通4-2-25 MAP

営業時間
9:00~14:30

定休日
日曜日

◆関連リンク
あおい屋 – 公式Instagram

【花隈】こふじ


画像:Instagram(@gadulinより)

西元町駅の山側、宇治川商店街にある『おおもりめしの こふじ』は、その名の通り「大盛ご飯」が有名な、洋食メインの定食屋さんです。

ライスのサイズが、小の小/小/中/大/レディース/レディース ミニと分かれていて、一番少ない「レディースミニ」でもしっかりお腹いっぱいになるボリューム。

大は通称「マンガ盛り」といわれていて、3合近くあるんだとか。

ブランド米「こふじ米」を使用していて、新米の季節はもちろん、精米の販売もされています。

おいしいお米をとにかくお腹いっぱい食べたい!というときにおすすめのお店です。

住所
神戸市中央区下山手通9-5-3 MAP

営業時間
11:00~15:30/17:30~20:00

定休日
日・月曜日

◆関連リンク
おおもりめしの こふじ – 食べログ

【神戸駅】森下米穀店


画像:Instagram(@tanabatarice)より

JR神戸駅すぐのところにある『森下米穀店』では、お米屋さんが販売する「おにぎり」を購入することができます。

ブレンド米「特別栽培米」が使用されていて、お米本来のおいしさが味わえるおにぎりは、やっぱりお米屋さんならでは。

「鮭」が一番人気なんだそうで、そのほかにも梅・高菜・塩むすびなど、定番の具材を中心に取り揃えられています。

店頭でのテイクアウト販売のみ。ランチにお米屋さんのおにぎりを購入してみるのはいかがでしょうか。

住所
神戸市中央区中町通2-1-13 MAP

営業時間
9:00~17:00

定休日
土・日曜日

◆関連リンク
森下米穀店 – 公式サイト


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「米」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。