神戸市長が「野々村竜太郎」県議会議員にコメント。「あきれ果てた」。神戸市内の金券ショップでも切符を購入してたそうです。

ライター:カズマ



野々村

政治の話題ということで、あんまり取り上げる必要もないかなと思いつつ、神戸市長がコメントを出したそうなので、一応の関連ということで取り上げてみたいと思います。





テレビでも大きく取り上げられているところではありますが、既に辞表を提出しているそうです。





「政務活動費の不自然な支出」と、それに関連する会見について、「久元喜造」神戸市長は、以下のコメント。タイミングとしては、辞表を提出する前のコメントかと思います。





「騒動が長引けば長引くほど兵庫県のイメージダウンにもつながっていく」


「説明できないならば、即刻辞職すべきだ」



「動画を見て正直あきれ果てた。県民の代表として資質、適格性を欠くのは明らか。海外でも話題になっており、日本の地方自治に対する信頼も損ないかねないような事態になっていることを大変危惧(きぐ)している」 






会見動画ありましたので、どうぞ。



 



政治家としての資質とかなんとかって話は置いといて、とりあえず今回の問題は「カラ出張」がバレたってことなんでしょう。





政治家の人は、やはり言えないことってたくさんあると思います。それは実現するかわからないような将来の話もしていると思いますので。出張が多くなることは、人によってあるかと思います。





しかしながら、国会議員ではなく、西宮市選出の県議会議員ということであれば、「西宮市」と議会のある「神戸市」で活動することが自然と多くなると思いますが、議会のない日のほとんどを出張していた計算になっていたそうです。





仮に、出張が本当だとしても、西宮市選出として、西宮市の人の話を聞く時間をとっていなかったということになりますので、やはり、行動がまずかったんじゃないでしょーか。




◆関連記事
「野々村竜太郎」元県議。やっぱり出張してなかったそうです。(2014年09月21日)


◆関連リンク

野々村竜太郎オフィシャルブログ

カラ出張 – Wikipedia






カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。