川崎重工が神戸市航空機動隊に川崎式『BK117C-2型』って消防ヘリコプターを納入したみたい。

ライター:カズマ

BK117-C-2型
川崎重工業が「神戸市消防航空機動隊」に対し、「BK117 C-2」ってモデルの消防ヘリコプターを納入したそうです。

 
このモデルを消防・防災ヘリコプターとして納入するのは9機目で、BK117って消防ヘリコプターの後継として「神戸市消防航空機動隊」に配備される予定ようです。


元々このモデルは、川崎重工と欧州のヘリコプターメーカーのエアバス・ヘリコプターズが共同開発したもので、多用途で用いられるヘリコプターです。
 

観音開きのドアを装備してまして、患者などの搬出入が行えたり、キャビンスペースとコンパクトなボディなど、また中型の機動性もあり、結構需要がありまして、これまで川崎重工として165機ほど納入してきたそうです。


価格については、少し調べてますと前のモデルでも4~6億円程度するようなので、今回のものは同じレベルかそれ以上なんじゃないでしょうか。もはや、イメージがわきません。。。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長