新名神高速道路(川西IC~神戸JCT間)が3月18日(日)に開通。大阪高槻から神戸まで全線開通

NEXCO西日本が建設を進めていました、新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)~神戸ジャンクション(JCT)までの間(延長16.9km)を、3月18日(日)に開通すると発表しました。これにより高槻(たかつき)JCT・IC~神戸JCTが全線開通することになります。

宝塚市と建設を進めていた「宝塚北(たからづかきた)スマートインターチェンジ(IC)」も完成します。自動料金収受システム(ETC)搭載車専用のインターチェンジ(IC)です。

開通日時
2018年3月18日(日)15:00

開通区間
E1A新名神高速道路(川西IC~神戸JCT)
川西IC(兵庫県川西市 西畦野(にしうねの))~
神戸JCT(兵庫県神戸市北区 八多町(はたちょう))の区間(延長16.9km)
E1A新名神高速道路(宝塚北スマートIC)
宝塚北スマートIC(連結位置 兵庫県宝塚市 玉瀬(たませ))

路線図

開通に伴う効果ですが、並行している名神高速道路と中国自動車道の交通量が分散され、渋滞が緩和するとのことです。今回の新名神の建設現場では、事故が相次ぎまして、当初の予定より1年程度遅れて全線開通となります。

沿線への企業進出も期待されていまして、すでに一部で物流拠点を設ける企業があるなど、今後も、雇用創出などが期待されています。