旧居留地にある『神戸らんぷミュージアム』が閉館へ。関西電力が運営

ライター:カズマ

旧居留地にある「神戸らんぷミュージアム」が、2022年3月までに閉館することになったそうです。

関西電力が、企業PRの一環として1999年に設置していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で利用者数の減少により、期待した効果が見込めないとして閉鎖となったようです。

「神戸らんぷミュージアム」は、「あかりの歴史」をテーマにした施設で、「ぼんぼり」や「提灯(ちょうちん)」を始め、「石油ランプ」「ガス灯」「電灯」などが展示されています。

 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • ねぎらら

    あちゃー、、、
    とっても落ち着くミュージアムだったのに残念!

    2021年11月20日2:19 PM 返信する