街がちょっとずつ「ラグビーワールドカップ」仕様になってきてる。ことし9月開幕

ライター:カオル

今年9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ」の掲示物ですが、色んな場所で見るようになってきましたので、見てきました。場所によって写真が違ったりするので、気にして見てみると、気分も盛り上がってくるかも。


神戸市中央区加納町6-5-1

どでかいウォール・ギャラリーが設置されているのは、「神戸市役所2号館」の北側、「花時計広場」だったところの工事の仮囲いです。

フラワーロード沿いで、「JR三ノ宮駅」方面から「市役所」へ歩いていった一番手前のところ。奥に見える高いビルが「神戸市役所1号館」。手前の低い建物が、建て替え予定の「神戸市役所2号館」です。

神戸で行われるのは4試合、そこに出場する8チームのうちの4チーム(イングランド・スコットランド・アイルランド・南アフリカ)の写真。スコットランドは、日本も対戦する国です。(試合は、神戸ではなく横浜)

高さ約3mもあって、横を通ると、けっこうな迫力です。

ちなみに、この仮囲い、東側の面には、これまでの「こうべ花時計」を振り返る写真が飾られてます。

全部、というわけではなく、10年単位で区切って特徴的なやつをピックアップ。

2002年のサッカーの日韓ワールドカップの時は、大会のロゴ模様になっていたので、今年も、「ラグビーワルドカップ」バージョンになるんじゃないでしょうか。花時計は、東遊園地で再始動しているので、ありえる。

撤去されていた「こうべ花時計」が東遊園地に復活してる。3/28に再始動するそう

2019.03.21

ラグビーワールドカップのウォールギャラリーは、他の場所にもあって、これは、「山手幹線」沿いの市営住宅の工事の仮囲い。


神戸市中央区下山手通9-10-1

2015年の流行語「五郎丸(ポーズ)」が話題となった前回大会で、日本が強豪「南アフリカ」相手に「ジャイアント キリング(格上の相手を負かすこと)」を成し遂げた試合の写真。

リーチマイケル選手がトライを決める瞬間と思われます。

ラグビー好きじゃなくても、ラグビーに関心を持った大会だったので、大きく貼り出された写真を見たら、思い出す人も多いんじゃないでしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

神戸市交通局さん(@ktbsp)がシェアした投稿

他にも、市営地下鉄も、先頭列車に付いているヘッドマークが大会マスコット「レンジー」になっていたり、車体のラッピングなども始まってます。

ところで、ラグビーワールドカップまであと何日か、「4月1日」で「あと172日」です。

「JR元町駅」の前には、カウントダウンボードも設置されてます。

JR元町駅前の広場にベンチができてた。ラグビーワールドカップ2019のカウントダウンボードも

2018.05.14

設置された当初は、数も大きくて、まだまだ先だな~感がありましたが、100あたりになると、そろそろ感が出てきます。

「一生に一度」かもしれないワールドカップの日本開催、せっかく神戸でも試合があるので、大会前から楽しみましょう!

◆関連リンク
ラグビーワールドカップ2019 – 公式サイト
神戸のラグビー情報 – 公式サイト
ラグビー2019神戸 – Facebook
神戸市交通局 – Instagram

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。