夏といえば!王道から個性派まで『かき氷』が楽しめるお店集めてみた

ライター:このみ

暑くなってきたら食べたくなる『かき氷』。ここ数年はすっかり『かき氷』ブームで、並んででも食べたくなる個性派のかき氷も増えていますよね。

今回はシンプルなものから「たっぷりフルーツ」を使ったもの、「野菜」を使ったちょっと珍しいものなど幅広い「かき氷」のお店をピックアップ!

神戸市内で楽しめる全10店でお好みのかき氷をチェックしてみてくださいね。

Index
【三宮】茶漬け 分福
【元町】南アルプス八ヶ岳 天然氷のかき氷 ふわりひめ
【元町】氷食卓家
【春日野道】mikumi
【六甲】吹上の森 六甲店
【岡本】美薬膳cafe CACHE-CACHE
【岡本】日本茶カフェ一日
【岡本】cafe yuddy
【長田】六花
【西区】珈専舎たんぽぽ

【三宮】茶漬け 分福


画像:公式Instagramより

磯上公園の山側に『茶漬け 分福(ぶんぶく)』という、お茶とごはんとお漬物のお店があります。

オープン前から若者を中心に行列を作ることもある人気店ですが、「和定食」や「お茶漬け」以外に、わらびもちや「かき氷」などのデザートも提供しています。

【厳選】コスパよし!からだに優しい「和食ランチ」が楽しめるお店 10選 ~三宮・元町~

2022.05.23


画像:公式Instagramより

今の季節限定で販売されている『はちみつ檸檬』のかき氷も、さっぱり暑い夏を吹っ飛ばせそう!

ひんやり「かき氷」と、温かいこだわりのお茶を一緒に味わうことで、体を冷やしすぎることなく楽しめそうですね。

住所
神戸市中央区磯上通6-1-9 MAP

営業時間
11:00〜17:00(L.O16:30)

定休日
なし

◆関連リンク
茶漬け 分福 – cha-zuke BunBuku – 公式サイト

【元町】南アルプス八ヶ岳 天然氷のかき氷 ふわりひめ


画像:公式Instagramより

元町商店街の2階にある『ふわりひめ』は、南アルプス天然氷×手作りシロップで楽しめるかき氷の専門店です。

天然氷は、山梨県八ヶ岳の蔵元「八義」から直送し、雑味の無いクリアな味わいに。「南アルプスの天然氷」という響きだけでも涼やかな気持ちになります。


画像:Instagramより(@xcharuxx

シロップも季節の旬な生フルーツをつぶして作っているんだそうで、果物そのものの味が感じられます。

『生いちごMIXミルクエスプーマ』は2種類のいちごソースのあいがけに、ミルクエスプーマも合わさってフレッシュかつクリーミーな味わいを楽しめます。

フルーツ系だけでなく、レアチーズと組み合わせたものや、ティアミス・サツマイモなど種類も豊富で、常時15~20種類のメニューから選べるみたいですよ。

住所
神戸市中央区元町通4-6-4 MAP

営業時間
11:30~21:00(L.O20:00)

定休日
不定休

◆関連リンク
南アルプス八ヶ岳 天然氷のかき氷 ふわりひめ – 公式Instagram

【元町】氷食卓家


画像:公式Instagramより

阪急 三宮駅の少し北側、生田新道沿いのビルの5階に『氷食卓家』という一年中「かき氷」が楽しめる専門店があります。

『塩バニラメロン』『すももと酒粕ミルク』など時期に合わせた、目新しいメニューが特徴的。常時、5種類ほどある季節のメニューから選べます。


画像:Instagramより(@mirinchikuwa

写真の『ずんだ黒糖ミルク』の他にも「トウモロコシ」や「かぼちゃ」といった野菜を使ったかき氷を提供している日もあるんだそう。

その時その時でラインナップが異なるので、お目当てのかき氷を事前にInstagramでチェックしてから足を運んでもいいかもしれません。

ちなみにInstagramのDMから予約もできるみたい。満席のことも少なくないので、事前予約をおすすめします。

住所
神戸市中央区北長狭通1-3-10 MAP

営業時間
11:00~17:00(L.O16:30)

定休日
不定休

◆関連リンク
氷食卓家 – 公式Instagram

【春日野道】mikumi


画像:公式Instagramより

阪急 春日野道駅のすぐ近く「春日野道商店街」にある『mikumi(ミクミ)』は、季節の野菜とおつまみごはんをランチ・ディナーでいただけるお店で、ちょっと珍しい変わり種のかき氷がたのしめます。


画像:公式Instagramより

『ゆかりとすだち』のかき氷は、なかなか他のお店では見かけないので、どんな味がするのか気になります。ほかにも、いちごたっぷりなどフルーツメインのものから、バジルとチーズなどを使ったものなども。

定番でクッキーがトッピングされているのも可愛いですね。かき氷の営業は金・土のみで、予約優先となっているので、ご注意ください。

住所
神戸市中央区筒井町3-17-7 MAP

営業時間
14:00~17:00

定休日
日・月・不定休(かき氷は金・土のみ営業、日祝は不定期営業)

◆関連リンク
mikumi – 公式Instagram

【六甲】吹上の森 六甲店


画像:公式Instagramより

阪急 六甲駅から北に歩いて5分ほどのところにある『吹上の森 六甲店』というカフェは、兵庫県産の野菜や果物を使ったパフェやランチが評判のお店です。

六甲店だけでなく、三田市にもお店があり、神戸の中心地からでも車で1時間以内でいけます。


画像:公式Instagramより

アールグレイの茶葉を煮出して作った「ロイヤルミルクティーシロップ」と「ラム酒」が香るラムクリームで、ちょっと大人なかき氷『ロイヤルミルクティー』が期間限定で味わえます。

上にとろんと乗ったクリームと合わせて食べるのがおすすめですが、実は氷の中にもクリームが隠れているんだとか。安心してたっぷりクリームをすくってどうぞ。

住所
神戸市灘区山田町3-2-6 MAP

営業時間
11:00〜17:00(L.O16:00)

定休日
水曜日

◆関連リンク
吹上の森 六甲店 – 公式サイト

【岡本】美薬膳cafe CACHE-CACHE


画像:公式Instagramより

阪急 岡本駅の南口から、西に歩いて3分ほどのところにある『美薬膳cafe CACHE-CACHE(カシュカシュ)』は、薬膳スープやカレーなどを楽しめるお店です。

カシュカシュのかき氷は、自家製のシロップと氷の下に入っている自家製の豆乳アイスクリームにこだわっているんだそう。

シロップとトッピングを自分でかけるスタイルも特徴的で、お好みで甘さなどを調節も可能です。最近は1000円越えの高級かき氷が多い中、全メニュー880円という比較的リーズナブルな価格帯も嬉しいですね。

ちなみにかき氷のテイクアウトも可能なので、岡本の街歩きのお供としてもよさそう。テイクアウトの場合は、お店の人がシロップ・トッピングをかけて、仕上げた状態で渡してくれます。

住所
神戸市東灘区岡本2-13-18 MAP

営業時間
11:00〜18:00

定休日
月・木曜日

◆関連リンク
美薬膳cafe CACHE-CACHE – 公式サイト

【岡本】日本茶カフェ一日



画像:公式Instagramより

阪急 岡本駅から歩いて3分ほどのところにある『日本茶カフェ一日(ひとひ)』は、「お茶漬け」や「茶葉のおにぎり」など種類豊富な日本茶を使ったメニューや「和スイーツ」が楽しめるお店です。

その日ごとに3種類ほどのかき氷が用意されていて、今の季節は「桃」や「すもも」が食べられるみたい。1グループ1食限定になっています。

岡山の白桃を丸ごと砂糖で煮た柔らかい果肉をつぶしてペースト状になったソースが氷に乗っています。屋台のかき氷のイメージとは全然違いますが、どことなくホッとするシンプルなかき氷です。

他にも「煎茶」など、お茶フレーバーのかき氷が並ぶ日もあり、1年を通して楽しめるみたいですよ。

住所
神戸市東灘区本山北町3-6-10 MAP

営業時間
11:30~18:00?

定休日
月曜日

◆関連リンク
新しくて懐かしい「一日(ひとひ)」岡本/日本茶cafe(カフェ) – 公式サイト

【岡本】cafe yuddy


画像:公式Instagramより

JR摂津本山駅から歩いて2分のところにある『cafe yuddy』は、根菜や玄米などを使った「からだに優しい」食事メニューと和スイーツが楽しめるお店です。

店内の雰囲気はモダンさもありつつ、ダウンライトでどことなく純喫茶のような落ち着く雰囲気。

期間限定メニューのひとつ「キャラメルみるく氷」は、ビターなキャラメルシロップと自家製練乳の組み合わせで、程よい甘さとクルミの香ばしさを楽しめるちょっと大人なかき氷です。

なめらかなアイスクリームが添えてあるので、味や食感を変えながら楽しんでみてもいいかも。

ほかにも「宇治金時」や「黒蜜きなこ」などオーソドックスなかき氷も定番メニューとしてあります。からだに優しいランチのあとに「食後のデザート」としてもおすすめですよ。

住所
神戸市東灘区岡本1-4-3 MAP

営業時間
11:00~20:00

定休日
なし

◆関連リンク
cafe yuddy – 公式サイト

【長田】六花


画像:公式Twitterより

JR新長田駅から歩いて8分ほどのところにある『六花(りっか)』は、フルーツ系を中心とした幅広いラインナップのかき氷が楽しめるお店です。

店内の他、テラス席もあり3名以上の場合はテラス席でいただくかたちになるみたい。


画像:Instagram(@nannanre9300)より

かき氷は800円~1100円くらい。フルーツ系のものは900円程度のものが中心で、今どきのかき氷でいうと良心的。お店は外まで列を作っていて遅めの時間だと売り切れ商品も出てくるようです。

見た目のインパクトも大きい「アメリカンチェリーのかき氷(1,100円)」は、ポリフェノールたっぷりで特に女性には嬉しいですね!

住所
神戸市長田区駒ケ林町1-17-20 MAP

営業時間
12:00~18:00

定休日
火・水曜日

◆関連リンク
六花 – 公式Instagram

西区】珈専舎たんぽぽ


画像:公式Instagramより

西区の神出町にある老舗喫茶店『たんぽぽ』では、毎年夏になるとかき氷の販売が始まります。「生いちご」のかき氷は毎年外まで行列を作る人気メニューで、残念ながら2022年は終了しています。


画像:公式Instagramより

7月からは「かふぇ氷」が始まったようです。かき氷の上にドカンと大きなコーヒーゼリーがのっていて、氷と一緒に食べるとアイスコーヒーみたいになるのかな?時になる感じです。

かき氷は夏季限定で、フルーツ系のかき氷もその時その時で提供されていたりするので、Instagramなどもチェックしてから足を運んでみてくださいね。行列なことも多いので早めがおすすめです!

住所
神戸市西区神出町608-4 MAP

営業時間
8:30~16:30

定休日
日曜日・祝日

◆関連リンク
自家焙煎珈琲 珈専舎たんぽぽ – 公式サイト


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「パン」「三宮/元町グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。