NHKドラマ『探偵ロマンス』に神戸の風景が登場するみたい。主演は濱田岳&草刈正雄

ライター:やよい

1月21日(土)から放送開始するNHK土曜ドラマ『探偵ロマンス』に、「湊川隧道」や「神戸税関」などの神戸の風景が登場するみたいです。

「知られざる江戸川乱歩誕生秘話」とのことで、主演を「濱田岳」さんと「草刈正雄」さんが務めます。

タイトル:探偵ロマンス
放送日時:2023年1月21日(土)22:00~22:49(全4話)
チャンネル:NHK総合1


画像:公式Instagramより

『探偵ロマンス』は、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の制作チームがNHK大阪放送局から送るエンターテイメント活劇。

推理小説家「江戸川乱歩」の作家デビュー100年という節目に届ける「知られざる江戸川乱歩誕生秘話」となっているそう。

若き江戸川乱歩が怪盗に挑むというストーリーで、後に江戸川乱歩となる青年「平井太郎」の役を濱田岳さんが、太郎が出会う謎多き名探偵「白井三郎」の役を草刈正雄さんが演じます。

ドラマの公式Instagramに投稿されている写真を見ると、どうやら一部シーンの撮影は神戸市内で行われたようなんです。

主演の二人がポーズを決めているのは、兵庫区にある湊川隧道(みなとがわずいどう)です。

湊川隧道は、近代土木技術を用いた日本最初の河川トンネル。「国登録有形文化財」にも登録されており、定期的に一般公開が行われてます。

山をくり抜く日本初の近代河川トンネル『湊川隧道(みなとがわずいどう)』に行ってきた。

2018.05.18

アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」のメンバーでもある森本慎太郎さんが寝そべっているのは、神戸税関にあるタイル張りのホールです。

森本さんが演じるのは「帝都新聞」という新聞社の記者で、名探偵・白井三郎の行方を追っているという役どころ。

神戸税関はその「帝都新聞」のエントランスとして使われたそうで、床には黒い文字で「帝都」と書かれてます。

こちらも神戸税関のホールで撮られたもの。中央にたたずむのは尾上菊之助さんです。

草刈正雄さんがアクションシーンを演じたのは、東灘区の旧乾邸とのこと。「JR住吉駅」の山手にある歴史的建造物です。

実業家・乾新治の邸宅として、関西を代表する建築家・渡辺節の設計によって、1936年に建てられました。

旧乾邸は、映画「日本のいちばん長い日」やNHKの朝ドラ「べっぴんさん」のロケ地としても使われたことがあります。

こちらの写真では、大友康平さんと森本さんがレトロな階段に並んで立っています。

場所は神戸大学 兼松記念館であることが神戸大学公式サイトで発表されてます。

兼松記念館は、明治時代に羊毛の輸入などで事業を拡大していった総合商社の「兼松」が1934年に寄贈したもの。

現在は「神戸大学経済経営研究所」の施設になってるみたいです。


ほかにも神戸の風景が登場するかもしれないので、『探偵ロマンス』を見るときは背景にも注目してみてくださいね。

神戸を舞台にした映像作品については、こちらの記事でも紹介しています。

神戸のあの場所が『アニメ』の世界に。有名な「ジブリ作品」から、ちょっとコアな「深夜アニメ」まで

2022.06.26

「君の名は。」で人気を博した新海誠監督の最新映画に『新神戸駅』が登場するみたい

2022.11.04

戸田恵梨香&永野芽郁が主演の映画「母性」に、『須磨・灘・東灘』の各地が登場してるみたい

2022.11.26

◆関連リンク
探偵ロマンス – 公式サイト
探偵ロマンス – 公式Instagram
NHKドラマ – 公式Twitter

 
やよい
ライター:やよい
「推し」のライブによく出没します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。