王子動物園に新しいジャガー「ネリア(雌)」が仲間入り。雄の「アトス」と2頭での飼育へ

王子動物園に11月12日、南アフリカ共和国から、メスのジャガー「ネリア」が仲間入りしました。


神戸市灘区王子町3-1

王子動物園では、2016年にメスの「ローラ」が死亡して以来、オスの「アトス」(10歳)1頭のみの飼育に。


※画像は王子動物園に来園する前のものです

今回来園したジャガーは2歳。今後は「アトス」との間で、繁殖に取り組む予定とのことです。

環境に慣れるまでは、非公開となりますが、公開できるようになれば、随時Twitterなどでお知らせがあるそう。

しばらくは長旅の疲れを癒してもらって、また2頭で仲良くする姿を見れる日が来るといいですね。

王子動物園では、閉鎖されていた「リスと小鳥の森」エリアも公開されています。

王子動物園で閉鎖していた「リスと小鳥の森」エリアが5年ぶりに公開されるみたい。10/18~2/28の日曜日

2020.10.20

◆関連リンク
神戸市立王子動物園 – 公式サイト

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

3 件のコメントコメントを残す
  • ぎん

    王子動物園もどうぶつ王国のように間近で見れるようにするともっとお客様もリピーターも増えるでしょうね。旭山動物園とかを見習ってほしいなー

    2020年11月18日3:23 PM 返信する
    • 匿名さん

      いやいや王子も、どうぶつ王国も結構近くで見れますよ。
      ほらレッサーパンダのとことか。
      動物の繁殖をがんばって欲しいですね。

      2020年11月18日3:52 PM 返信する
    • 馬大好

      いやいや王子も、どうぶつ王国も結構近くで見れますよ。
      ほらレッサーパンダのとことか。
      動物の繁殖をがんばって欲しいですね。

      2020年11月18日3:52 PM 返信する