新港第1突堤にできた水族館『átoa(アトア)』に行ってみた。平日昼間も賑わってる

ライター:カオル

樹海の森をイメージしたエリア。大きな木は「流木」を使ったアート作品。

普通の水族館だと、その生き物が生息している場所を再現した展示を目指しますが、『アトア』は「こんなところに、こんな生き物いたら面白いよね」という展示スタイルなのだそう。

絵本や映画に出てくるような組み合わせ、つい写真を撮りたくなるんじゃないでしょうか。

「アルダブラゾウガメ」の柵はあえて途中で途切れていて、人がいるゾーンに出てこれるようになってます。

隣には「パルマワラビー」もいて、場慣れしてきたらその辺をぴょんぴょん飛び跳ねるイメージなんだそうです。

このエリアには、マニアックな生き物がいてその名も「ハダカデバネズミ」。「毛」がほとんどない柔らかそうな体に「出っ歯」…キモカワ系。

ミュージアムショップには、「ハダカデバネズミのスイートポテト」というお土産も売っていて、なかなかの人気だそうです。



3階には、葛飾北斎の「赤富士」のような「蛸冨士」が描かれてます。

「明石の蛸」を題材にしたアート作品ですが、よく見ると実は「迷路」。上のほうまで辿るのは難しいので、写真に撮っておいたら長い時間楽しめそう。

「ニッポンの美学」がテーマのエリア。周囲の壁に四季の移り変わりを描いた「光の切り絵」の動画が映し出されます。

赤い舞台の上には「椅子」が置かれてるので、ゆっくり座って観ている人もたくさんいました。

足元がガラス床になっているところでは「錦鯉」が泳いでいるのが見え、映像が映されるときもあって幻想的です。

ちなみにこの「錦鯉」には、ガラスがないところでエサやりOK。※有料200円

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

5 件のコメントコメントを残す
  • リンク飛んだら神戸アンパンマンミュージアムに行きました

    2021年11月17日10:04 AM 返信する
    • カズマ

      リンク修正しました。ご指摘ありがとうございます。

      2021年11月17日12:40 PM 返信する
  • グレイスケイ

    三宮駅から散歩がてらも良いしポートループに乗っても便利。柔らかい雰囲気ですね。でも、動物展示は狭すぎます。可哀そうで可哀そうで、なんとかなりませんか?

    2021年11月17日9:02 AM 返信する
  • 匿名さん

    リンクがアンパンマンミュージアムなのはなぜ?

    2021年11月16日9:30 PM 返信する
    • カズマ

      リンク修正しました。ご指摘ありがとうございます。

      2021年11月17日12:39 PM 返信する